外来語

 コロナウィルスのニュースで、オーバーシュート、ロックダウン、クラスターなどという横文字の言葉を見聞きする。ニュースの聴視者は日本人である。だとしたらなぜ「爆発的患者急増」、「都市封鎖」、「感染者の集団」と言ったり書いたりしないのだろうか。
 同じ疑問を今日の中日新聞のコラム「中日春秋」が書いている。日本語で書いた方がうんとその内容がよくわかる。視聴者への刺激を弱めるためだろうか。日本人相手に内容を正しく伝えるためなら日本語で表現すべきだ。
 先の大戦末期、外国語の使用が禁じられた。戦況が国民に知らせないためだった。逆に今、国民が知らなければならないことを外国語で報じている。ウィルスの怖さを和らげるためか。「爆発的な患者の増加や都市の封鎖が必要な事態が、現実の心配になっている。言葉遣いも重みをましている日本の危機である」と「中日春秋」は結んでいるが全く同感である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

大吟醸
2020年03月27日 23:06
百合子さんですね 今度も だ そうです