ヘッドライト

 最近の自動車のヘッドライトがまぶしいと思っていたら、インターネットのニュースでも取り上げていた。その中で、次のような文があった。「『とくに眩しい』とおもったシチュエーションについてのアンケートでは、もっとも多かったのが『運転中の対向車のヘッドライト』で『運転中の後続車のヘッドライト』、『交差点で停止中の対向車のヘッドライト』と続いてい…

続きを読むread more

秋葉神社

 秋葉神社は各地にある。わが町にも5つの割に1社ずつある。明治の初め頃、火事がよくあった。当時の町の代表が火伏の神社として有名な秋葉山本宮秋葉神社に参拝し、御神体を分けてもらった、という言い伝えがある。御神体を、というのは大げさだと思う。町内の太平禅寺には秋葉殿があり、各割の秋葉社の元締め的存在になっている。  今日は我が割の秋葉社と…

続きを読むread more

教職員の集いで

 「第38回教職員新春のつどい」に参加した。午前は、青年海外協力隊でセネガルへ行った女性教師の報告だった。イスラム教国だが、他の宗教との関係も良好で、平和で、人懐っこい国だそうだ。誰にでも、一緒に食事をと誘うのが当たり前になっている。しかし、経済的には貧しく、子どもも一人前の労働力として働いていて学校へ来ない子もいる、とのこと。しかし、…

続きを読むread more

脚本家の腕

 ずーッと前に見た映画をテレビでまた見た。「鉄道員(ぽっぽや)」だ。映画での高倉健が印象に残っているので楽しみしていた。映画で見た時の印象とはずいぶん違っていた。しかし、見がいはあった。映画の結末が理解しにくかったので原作を読んだ。単行本で40頁弱の短編小説だ。読んで結末を理解することができた。そして、脚本家の力量に感心した。こんなに短…

続きを読むread more

日の出が早くなった

 確か冬至の日の日の出は7時だったと思う。その後7時1分になりそれがずっと続いた。その間に日の入りは遅くなった。1昨日まで日の出は7時1分だった。これからどんどん日が長くなり3月20日の春分の日には昼と夜の長さが同じになる。そして暖かくなる。その前に黄砂が飛ぶ。花粉が飛び花粉症の人を苦しめる。願わくば、それに比例してコロナウィルスが消滅…

続きを読むread more

緊急事態宣言

 愛知にもコロナウィルスに関して緊急事態宣言が発出された(「出された」とどう違うのだろう)。在宅勤務を70%に、と企業に要請する。飲食店には午後8時までに店を閉める、と要請する。そして、県民には8時以降の外出を自粛するように要請するというのが主な内容。記者会見では「自粛慣れ」で国民が「要請」を素直に受け取らない、というような意見も出てい…

続きを読むread more

コロナ禍の影響

 学区老人会の会員426人に贈り物をすることになった。コロナ禍でいくつかの行事が中止になり、その分の費用を還元するためだ。会長はマスクを、と考えているようだった。大手の薬局チェーン店へ行った。マスクがいろいろ並んでいる。予算に合うものを注文しようとしたら。それだけの数をそろえることはできない、とのこと。ここにあるもの以外は上から降ろして…

続きを読むread more

スポーツと3蜜

 大学ラグビーは天理が早稲田に大差で勝って初優勝した。  プロ野球では、例えばホームランを打ってホームインすると握手ではなく腕を合わせたりグータッチをすることもある。が、大学ラグビーでは、抱き合ったり握手をしたりとコロナウィルスの感染予防にやってはならない、と言われていることを堂々とやっていた。大相撲でもそうだが、体と体をぶつけあうス…

続きを読むread more

オンラインで集会と会議

 新英研東海ブロック研究集会が静岡で行われた。今日は静岡を中心舞台にしてオンラインで行われた。静岡を含む東海4県のうち三重県からの参加者はなかった。しかし、北海道と埼玉からの参加者があった。オンラインだからこそだろう。短い講演と静岡からの小学校の実践報告と愛知からの大学の実践報告が行われた。講演で印象的だったのは「日本人の多くは外国人に…

続きを読むread more

トランプという人、菅という人

 アメリカ大統領トランプは、わがまま、自己中心、空気が読めない、だだっこ、などきりがないほどの弱点が表に出ている。バイデンの大統領就任は仕方なく認めたが就任式には出席しないと言っているそうだ。過去数人を除いて、自分の次の大統領就任式には反対政党の人でも出席していた。自分に代わって当選した人には祝辞を述べてもいた。それどころか、自分の支持…

続きを読むread more

旅行キャンセル

 8月ごろだったか、今年は外国旅行は難しそうだが国内ならいいだろう、と妻と相談して旅行社に申し込んだ。外国旅行専門の旅行社も、コロナの影響で外国旅行から国内旅行に切り替えていた。妻がランプの旅館やストーブ列車がウリの秋田県の旅行がよさそうだというので、1月20から4泊5日の旅行を申し込んだ。その時は、コロナウィルスの影響がこんなに続くと…

続きを読むread more

赤旗文化セミナーで

 英語教室の新年最初の授業。ひとり欠席で5人で再開。休み中の体験談の発表をし合った。遠くへ行けないので名古屋七福神巡りをした。自転車で実家へ行った。テレビはつまらんものばっかりで、箱根駅伝だけを見て借りたDVDを見た、等々。スキーに行った、旅行をした、などという人はいなかった。、皆さんコロナ禍でほとんどが家で過ごしたようだ。でも一日中家…

続きを読むread more

インターンホン故障

 ひと月ほど前からインターホーンでの会話が聞き取りにくくなった。マスクのせいかと思っていたら、ある時、義妹がボタンを押してもピーンポンが鳴らないと言った。自分で試してみたが確かにそうだ。しかし、家の中にいるものはそれで不自由はしない。しばらくして、いとこの娘が訪ねてきてボタンを押してもならない、私どもの返答しない。しかし部屋に明かりがつ…

続きを読むread more

マスクをはめていたらいいのか?

 午後散歩に出た。途中で気が付いてマスクをした。今日のコースは農道が中心。人はほとんどいない。たまに同じように歩く人や犬の散歩をさせている人とすれ違うくらいだ。そんなときもマスクは必要なのだろうか。コロナウィルスが飛び回っているとは思えない。うっとうしいし眼鏡がくもるからマスクを外す。しかしたまに会う人は皆さんマスクをしている。マスクを…

続きを読むread more

平山郁夫展

 「平山郁夫が描く世界遺産展」を松坂屋美術展で観た。平山は好きな日本画家だ。実に美しい写生画に魅了される。正に写実で題もそのもの。満月の砂漠を行くラクダの絵には「月下シルクロードを行く」という題がつけられている。「幻想月の砂漠」などというような題はつけない。今回の展覧会は主に中国の世界遺産の建物が出品されている。水彩画も多い。  私は…

続きを読むread more

コロナに負けてはならない

 ある市で忘年会に参加した人たちがコロナウィルスに感染した。これはその気になれば防げた。その気になるのは簡単なようで大変難しい。同じ市の病院では看護師たちが陽性になった。看護師の誰かが感染源ではなく患者が感染源のようだ。インターネットのニュースで読んだ。忘年会の参加者と違って看護師はその気になっても防げないことがあるだろう。同情する。 …

続きを読むread more

テレビ漬け

 午前は箱根駅伝、午後は大学ラグビー、夜は時代劇「ライジング若冲」。この間、時々居眠りと新聞のクイズ解き。外出は近くのコンビニへはがき投函に、だけ。新聞は来ないし年賀状も配達されない。正月2日は毎年退屈な日。こんな時に読書漬けならいいのだが。よく晴れていたので、少し長めの散歩に出た方が健康のためにも良かったかもしれない。パソコンを立ち上…

続きを読むread more

神社を歩く

 午前12時に近くの神社へ行った。初詣だ。例年は、この時刻には除夜の鐘が3つの寺で鳴らされるが今年はそれが中止になった。既に10人以上の人が神社に来ていてかがり火をたいていた。拝殿前で参拝する人は適当な間をおいて並んでいる。そうするように指示をする人はいなかったから自主的にそうしたのだろう。酒や菓子、志(お金)を受け付ける場所を今年は設…

続きを読むread more

大晦日

 今、3時25分。雪がまた降りだだした。降ったりやんだりを朝から繰り返している。妻が最後のお節を作っている。今年は、レンコンの染め煮、レンコンの甘酢煮、煮豆、シイタケの旨煮、昆布巻き、田作り、筍、たたきごぼうなどである。年寄り二人でこんなに、と思いながら妻も自分も毎年これを作らないと年が越せない。昨夜二人で昆布巻きを作った。今年はいつも…

続きを読むread more

お節料理づくり

 夕方、寺へ行き、墓に新しい花を生けた。新年を迎えるためだ。今日はこのほかに外出はしなかった。自粛したわけではない。外出の必要がなかったからだ。門にしめ飾りをつけた。妻が29日からおせち料理を少しずつ作っているが、まだこれから田作りと数の子と昆布巻きを作る。毎年、昆布巻きは一緒にやる。今年は100個も作ればいいだろう、と言っている。そろ…

続きを読むread more