中村哲氏の偉業

 愛知平和美術展を観た。故中村哲氏の業績を紹介する写真も展示してあった。展覧会の関係者でペシャワール会の関係者がいるのだろう。会場で「ペシャワール会報」をもらってきた。そのうちの号外(19年12月25日発行)を読んだ。中村哲医師告別式でのペシャワール会会長の弔辞や喪主で長男の健氏のあいさつ、駐日アフガニスタン大使の弔辞の他に妻と長女の寄…

続きを読むread more

非生産的な一日

 朝10時、スパーが開くのを待ってレタスを、隣の薬局でパーシャルデントを、近くの本屋で文藝春秋を買う。この間30分弱。歩きで十分。これ以外は家にいた。別に外出の自粛をしたわけではない。外出する用事がなかっただけの事。家にじっとしていてもそんなに生産的なことは何もしない。メールを読み、必要な返事を書く。小さな新聞に頼まれていた短い原稿を書…

続きを読むread more

育鵬社の教科書採択されず

 名古屋市教委は来年度から4年間使われる中学校の教科書のうち歴史と公民だけは採択会議の決定が今日の審議まで伸びていました。結果は、私が希望したように、育鵬社の教科書は不採択になり、歴史は教育出版の教科書、公民は東京書籍の教科書に決まりました。  戦争を肯定するような記述、天皇賛美の記述など時代錯誤も甚だしい育鵬社の教科書は今まで採用し…

続きを読むread more

広島原爆忌

 平和の鐘撞をした。富田地域憲法9条の会と年金者組合中川支部とで毎年行っている。今年も江松の隨縁時行った。我々が鐘撞をしているとき広島では「原発死没者慰霊式・平和記念式」が行われていた。直接テレビで観たりラジオで聞いたりはできなかった。後のニュースや夕刊で内容を知った。市長が核兵器禁止条約締結をと訴えたが、今年も首相はこのことには一切触…

続きを読むread more

藤井棋聖

 私は、テレビ番組ではサスペンスが好きでよく見る。早い時間帯に犯人を推理するのが楽しみの一つだ。今日もこの後「7人の刑事」を見るつもりだ。  藤井聡太棋聖が王位戦の第3局で木村王位に勝って3連勝。あと一勝で王位も獲得する。まさに将棋の天才少年だ。  が、話は将棋の事ではない。サスペンスだ。新聞によると、藤井さんの家がある瀬戸市の市役…

続きを読むread more

見晴台学園大学・平和と社会 11

 「サダコ―ヒロシマの少女と20世紀」というDVDを見た。新英研全国大会で数年前に買ったもの。今日やっと日の目を見た。このDVDはNHK広島が作成したもので、題名の通り20年以上も前に作成したドキュメント番組だ。佐々木禎子が原爆の放射能で死亡したことを悼み、彼女が最後まで頑張った折った折り鶴とともに彼女の周りの人々が、原爆の悲惨さを主に…

続きを読むread more

マスク

 外出にはマスクを、が常識になっている。しかし、私はこの常識をはずすことがよくある。油断しているとコロナウィルスにやられる、と思っていても、ついうっかりと。今まで2回も会議にマスクを忘れていった。どちらも、予備のマスクをいくつか持っている人がいて、くれた。先日も忘れたことをバスに乗って気づいた。バス停の近くにあるコンビニ行ったが売ってい…

続きを読むread more

照ノ富士優勝

 大相撲7月場所では幕尻の照ノ富士が優勝した。彼の頑張りは今後語り継がれるだろう。道徳教育の教科書に載るかもしれない。大関を務め、優勝もしたが序2段にまで落ち、そこから這い上がっての優勝。一旦は引退を決意したが親方や周囲の人から励まされて土俵に上がってきた。しかし、がんばればできることではない。幸運も応援した。  為せば成る、とか頑張…

続きを読むread more

10万円の使途

 政府がコロナウィルスの影響に対し一人10万円を支給した。政府が、と言うといかにもありがたく思えるが元は我々の出した税金だ。先日、赤旗文化セミナーの生徒さんからその使い道を聞いた。電動自転車を買った、東京の世田谷区にふるさと納税をする、ユ二セフと共産党にカンパする、等々。さて、私は。通帳に入ったままになっている。  偶然だろうが、国境…

続きを読むread more

コロナウィルスさえなければ

 毎年この時期は民間教育研究サークルの全国大会が開かれる時期。新英語教育研究会は、今日から岡山で開催予定だった。しかし、コロナウィルスの影響で早々に中止になった。去年は愛知大会で、現地実行委員長を務めた。全国からたくさんの方に来てもらい成功させていただいた。そのお礼もあって新年から日程に入れていた。ウィルスには勝てない。残念だ。毎回大会…

続きを読むread more

政府が何かやってくれると思っていたのに

 コロナウィルスの感染者が増えている。連日記録を更新している。PCR検査の陽性率も増えている。なのに、政府は何の対策も取っていない。予防と経済活動の両輪を支える、などと聞こえがよさそうな空論を言っているだけだ。第1波の時は、早々に学校を休校にしたり緊急事態宣言を出したのに、その時よりももっと多くの感染者が出ている。夜の街で感染者が増えて…

続きを読むread more

野菜高騰

 今日の中日新聞夕刊は一面トップで野菜の値段が高くなっていると報じている。天候不順のせいだ。なすが平年の5割高、トマトが3割高、とも。我が家では、妻が狭い畑でなすもトマト栽培している。今年は豊作だ。しかし、近所や友人、知人に、分ける方が多い。二人では消化しきれない。妻が早く起きて交配したおかげでスイカやきうりも何とか実をつけた。キュウリ…

続きを読むread more

見晴台学園大学・平和と社会 10

 「平和に貢献した日本人」を紹介した。この場合「平和」と言っても「戦争」の反対語ではなく、外国でその国の生活安定のために活躍した人のことで、あまり知られていないが、が何人かいる。中村哲氏はよく知られている。どんな人がいるか調べられたら調べるようにと先週課題にしておいたが発表できたのは研究生だけ。彼女は黒柳徹子を紹介した。このことを予想し…

続きを読むread more

・・・中閑あり

土曜から今日まで、毎日1,2時間は外出したが基本的には家にいた。予定していた掃除はできなかった。赤旗文化セミナーと見晴台学園大学の教材つくりと教材研究はできた。机に向かうと、あの教材がいいい、これがいい、とアイディアが浮かぶ。書いては消し(パソコンで)を繰り返し結局は、その場の雰囲気に任すことにして一番作りやすいものを選ぶ。  天…

続きを読むread more

何をぐずぐず・・・

 コロナウィルスの第2波に対し、今頃になって「専門家による分科会に諮って」とか「経済界に要請して在宅勤務を…」などと西村大臣が言っている。第1波では、安倍さんは学校の臨時休業を現場の意向を無視して「要請」した。そして、緊急事態宣言を出した。今、第1波以上の感染者が出ている。なぜ、一波のようにてきぱきと指示や要請をしないのだろうか。このま…

続きを読むread more

ALSの悲劇

 筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者が顔も知らない二人の医者から薬を盛られ「安楽死」したというニュースが話題になっている。かかったら治らないという病気だから、前途を悲しんで死にたいと思うことがあっても不思議ではない。しかし、この病気にかかっても国会議員であったり、会社の社長であったり、と活躍している人も少なからずいる。  大久保巳司(…

続きを読むread more

助けて~

 わが隣近所だけに通用する言葉かもしれないが「助けて…」という言葉が時々聞かれる。借金があるとか、誰かに追われているとか、急病とかではない。主に食べ物を他の人に上げるときに使う。たとえば「スイカが今年はよう出来て二人だけでは食べれんで助けてチョー」、「親戚から菓子をもらったで、ちょっとだけだが助けてもらえんだろか」などなど。「我が家でで…

続きを読むread more

マスクの功罪

 子どもたちは学校の授業でマスクをつけることを要求される。これは授業によっては問題だ。英語の場合、特に中学1年生では、あるいはは小学校の5年生では、すなわち初めて英語を習う児童生徒にとって発音指導にマスクは邪魔になる。日本語にない発音を指導するときには唇の動きが大事だが、マスクをしていてはそれが分からない。thの発音は日本人にとっては苦…

続きを読むread more

ゆるんだたが

 ゆるんだたがを締めなおすには、締めるときよりも力がいる。コロナ禍の現状につくづく思う。自粛が解除され、人々はやっと自由に外出できる、外食もできる、という状況の中で自粛前よりも自由を求めて羽目を外す。が、コロナウィルスは駆逐されたわけではない。隙あれば、と狙っていた。そして、隙を見つけてまた襲ってきた。第2波である。第1波よりも感染者が…

続きを読むread more

見晴台学園大学・平和と社会 9

 数回法律、特に憲法を勉強してきた。その最後に、ベアテ・ゴードン・シロタさんを紹介した。そして、彼女のおかげで憲法条文に入ることになった第24条を読み合った。  毎回、講義の初めに「今日は何の日」というコーナーを設けているがここで、1960年7月21日、世界初の女性首相がスリランカで誕生した。バンダラナイケさんだ。これを紹介し、世界で…

続きを読むread more