頼もしい高校生たち

 大学入学共通テストの国語と数学の記述式問題で「数え切れないほどの欠陥がある」から2020年度の導入は中止するよう求めて緊急声明を発表した高校2年生のグループが文科省を訪れて声明文を届けた、と中日新聞に載っている。しんぶん赤旗では、英語民間試験の導入や学費値上げの中止を求めて「高等教育無償化プロジェクト」の高校生や大学生がが路上で訴えている、と報じている。また、14日の中日新聞には首都圏の高校生…

続きを読む

テーマ:Comment (0)

先生とスマホ

 浜松市教育委員会が、学校の先生が自分のスマホを職員室から持ち出すことを禁止することを決め、校長会で伝えた、とニュースで言っていた。校内で先生がスマホを使って盗撮する事件が相次いだためだそうだ。これが盗撮の根本的な解決になるとは思えない。授業やその他の活動でスマホを活用している先生もいるかもしれない。先生の盗撮を擁護するつもりは毛頭ないが、そんなことをする先生の精神的なストレスについて教委は考え…

続きを読む

テーマ:Comment (2)

学習指導要領

 あいち県民教育研究所の運営委員会議で来年の年報の特集に新学習指導要領下での実践についての特集が提案された。そこで考えたこと。  新学習指導要領の批判には必ずと言っていいほど「道徳」と小学校での英語が取り上げられる。では、他の教科はどうか。部外者で詳しいことはわからないが、聞くところによると小学校で全国の都道府県名を覚えなければならない、文学教材が国語の教科書から減った、家庭科でも美術でも問題…

続きを読む

テーマ:Comment (0)

思いやり予算

 今朝の中日新聞は、トランプ政権が米軍の駐留経費(思いやり予算)を4倍に増やすよう日本政府に要求している、と書いている。トランプは同盟国に「公平な負担」を要求しているらしいが、「公平」とはどういうことか。米軍が駐留して日本を守ってやっているとでも思っているのだろうか。基地従業員の給与や社会保険料、光熱費、設備施設費、さらには米軍普天間基地の移設の費用などが「思いやり予算」の内容だそうだ。今でも年…

続きを読む

テーマ:Comment (0)

教材提供

 赤旗文化セミナーの英語教室には女性四人と男性一人がいつも参加する。もう一人の男性は仕事が忙しく、暇なときは思い出したようにやってくる。みんな熱心で仲がよい。日本語訳でも、読みでも、間違えると教え合う。私の出る幕はないほどだ。  昨日男子生徒さんが毎日ウイークリーのコピーを持ってきて私も含めた全員に配った。色刷りだから金がかかったろう。一面の記事でHistorical Heartbreakとい…

続きを読む

テーマ:Comment (0)

一面トップ

 コンビニに行ったついでに新聞のスタンドに目をやっておもしろいことに気づいた。中日、朝日、読売、毎日の一般紙はどれも一面のトップ記事は「桜見る会 来年は中止」だった。日経と産経は「ヤフーとラインの統合」だった。今日本のニュースはこの二つだけだろうか。とんでもない。いくつかの大きなニュースはあるはずだ。しかし、この二つが多くの日本人の最大関心事ということだろう。  「桜を見る会」の問題は、追求す…

続きを読む

テーマ:Comment (1)

和服のリフォーム

 妻が着なくなった和服を洋服に仕立て直すリフォーム教室を開いている。名古屋市内6箇所で60人ぐらいの人が参加しているようだ。参加する動機に驚いた。教室の主宰団体である、新日本婦人の会(新婦人)と年金者組合の会員や組合員は機関紙などの案内欄や会員、組合員からの誘いで参加する人が多い。が、これらの組織に全く関係のない人が多くいるようだ。その人たちが参加するようになった動機がおもしろい。名古屋市内各区…

続きを読む

テーマ:Comment (1)

感動と賞賛

 9条の会の学習会で、テキストとは関係ないことだがAさんが高校時代のことを話した。「英語が大好きで成績も良かった。英語の先生の指導が問題だったので級友に試験で白紙答案を出すことを提案し実施した。そのことで授業中に白墨を投げつけられたり理不尽なことをされた。就職でも希望先先に推薦してもらえなかった。陰ながら支援してくれた先生は左遷され、理不尽なことをした英語教師は出世した。あのころのことをいまだに…

続きを読む

テーマ:Comment (0)

又又Hery

 Henryを近鉄戸田駅で見送ったのが25日に朝だった。その後東京からラインでスカイツリーと皇居へ行ったと書いてきた。東京に3泊して28日の朝には帰国するといっていた。帰宅したと思われる時刻にメールで、無事帰宅したか、日本の印象は、我が家での滞在はどうだったかなどを聞いた。ずっと返事がなくて心配していた。一昨日やっと返事が来た。他の所でのことは知らないが、I had wonderful time…

続きを読む

テーマ:Comment (0)

籾殻取り

 南陽農協のライスセンターで籾殻をもらってきた。南陽は隣の港区にあり、我が中川区富田町(住居表示が変わって旧富田町は一部が残っている)と一緒に1955年10月1日に名古屋市に合併した。南陽農協は全国でも屈指の規模を誇る農協だと聞いている。その農協が、稲の脱穀で出た籾殻を誰にでも無料でくれる。我が家では約5年来もらいに行っている。今回も45㍑入りの袋10袋にそれぞれ一杯詰め込んでもらってきた。畑の…

続きを読む

テーマ:Comment (1)

ふれあい祭り

 学区の「ふれあい祭り」が開催された。月に1回「ふれあい広場」という行事があり、老人クラブと民政委員会が運営している。「ふれあい」だから準備をしなければと開会時刻前に会場へ行った。ところが「‥祭り」と「‥広場」とでは大違いで、自治会、民政委員会、保健委員会、子ども会(保護者)、PTA、女性会などが運営していた。だから、今日は老人クラブの会員は客だった。  受付で氏名と年齢を書いた。80歳以上は…

続きを読む

テーマ:Comment (0)

名古屋市民コーラス

 「名古屋市民コーラス創立60周年記念演奏会」を愛知県芸術劇場コンサートホールで聴いた。曲目はブラームス作曲の「悲歌」と「ドイツ・レクイエム」。名古屋市民コーラスに妻の友人が参加しているので10年来毎回聴いている。しかもs席で。  名古屋市民コーラスはアマチュアの合唱団だがレベルが高く、毎回一流の指揮者のもと一流の管弦楽、独唱者と一緒に演奏する。管弦楽は毎回名古屋フィルハーモニー。今回の指揮は…

続きを読む

テーマ:Comment (0)

語呂合わせ

 今日11月8日は、11と8の語呂合わせで「いい歯の日」。同じように、11月11日は「電池の日」。11を+-(プラスマイナス)に読み替えてのこと。18日は「頭髪の日」で19には「トークの日」。この二つは毎月ある。そして11月22日はご存じ「いい夫婦の日」。  2週間を見ただけで記念日がたくさんある。日本語は、特に漢字は読み方がいくつもあって語呂合わせができる。1年ではどれだけの日があるだろう。…

続きを読む

テーマ:Comment (0)

カラヴァッジョ展

 名古屋市美術館でカラヴァッジョ展を見た。名前を聞いたことはあるがどんな作品を書く画家なのかは全く知らなかった。興味半分で見た。カラヴァッジョ(1953年~1610年)はバロック時代のイギリスの画家ということをまず知った。どの作品も写実的で凄惨な場面が多い。旧約聖書をもとにした作品もいくつかあった。カラヴァッジョの作品だけでなく、彼の周囲の画家たちのの作品が多かった。カラヴァッジョ様式ということ…

続きを読む

テーマ:Comment (0)

秋の東濃 中津川を訪ねるたび

 愛知年金者組合女性部企画の一日バス旅行に参加した。  「熊谷守一 つけち記念館」で熊谷の作品をじっくり鑑賞できた。今までいくつかの作品を見たことはあるが多くの作品をていねいにしかも解説付きで見たのは初めて。彼の作品に見られる赤い輪郭やクマガイモリカズの署名が晩年の作品に多いことの理由がわかった。彼が文化勲章を辞退したことも知った。  続いて地歌舞伎の常磐座を見学した。東濃は地歌舞伎が盛んで…

続きを読む

テーマ:Comment (0)

聴導犬

 盲導犬はよく耳にするが聴導犬については今まで知らなかった。日本聴導犬協会とい組織が長野県上伊那郡にあって訓練している。盲導犬と比べて数はうんと少ない。盲導犬には大型の犬が多いが聴導犬には小型のかわいらしい犬が使われている。1歳半ぐらいの犬が1日15分だけ訓練を受ける。犬の集中時間は短くて15分がせいぜいだそうだ。聴導犬は、耳の聞こえない人のために、ドアベル、目覚まし時計、警報機の音を聞き飼い主…

続きを読む

テーマ:Comment (0)

憲法集会

 憲法公布73周年の集会が名古屋市公会堂で行われた。姜 尚中さんが講演をした。金大中氏との関わりも交えて国際交流のあり方を話した。まじめな話し方で、冗談も言わず、淡々としたわかりやすい語り口に好感が持てた。1600人が参加した。

続きを読む

テーマ:Comment (1)

見晴台学園大学・卒論

 昨日のこと、名古屋経済大学(名経大)の学生2人が指導教官に連れられて見晴台学園大学へ来た。卒論で障がい者に関することを取り上げるので取材だ。一人は、保育園へ実習に行ったとき、障がい児がいて関心を持った。どのように接したらいいか、どんな指導をするといいのか、障がいを持つ学生の実態、などを知りたいとのこと。もう一人はバスケットボール部に所属しているが、障がい者が運動部の部活動や試合で見かけないので…

続きを読む

テーマ:Comment (1)

滅多にない勝利

 萩生田文科相が大学入試共通テストへの民間英語試験の導入を延期することを表明した。この提案があった当初からいくつかの問題が指摘され、全国各地から、英語教育研究団体や研究者から、全国高校校長会から、その他からたくさんの反対の声が上がっていた。大学の入試に民間の試験を導入することがまず間違っていると思う。国公立の大学のいくつかは早々にこの試験を入試の合否判定に採用しないと宣言した。私立の大学の多くも…

続きを読む

テーマ:Comment (1)

漢字の間違い

 ある民主診療所の待合室に医師の紹介文が掲げてある。専攻:循環器系とか、糖尿病などと書くつもりだろうが、「専攻」ではなく「専政」と書いてある。曜日によって医者が代わるので7人の医者の紹介がしてあるが、一人だけは「専攻」で、他は「専政」。普通に「センコウ」と文字入力をしたら「専攻」と出るだろう。どうしたら「専政」となるのだろうか。言葉でなく一字ずつタイプしたのだろうか。で「攻」を「政」と間違えたの…

続きを読む

テーマ:Comment (0)