日の出日の入り

 今日の日の出が6時59分。日の入りが17時08分。元旦の日の出は7時00分で日の入りが16時51分だった。冬至と比べると30秒ほど日が長くなった。が、実感はない。日の出が6時台になったのが18日。これから数秒ずつにが長くなり気づいたら「まだこんな時間か」と思うようなことが多くなるだろう。  今日は冬至。あまり実感がない。この時期…

続きを読むread more

教育シンポジウム

 教育シンポジウム「憲法26条の具体化される学校づくり~子どもが安心して学べる学校をめざして」に参加した。  司会者が、教育無償化の動向や教育を受ける権利について、憲法13条、14条、25条を踏まえた上で26条の意味を再確認する必要がある、と問題提起した。  続いて若者、特に高校生の自立困難について報告があった。その原因としてシ…

続きを読むread more

阪神大震災

 今日は阪神大震災の25周年。自分自身では特別何も語るようなことはない。しかし、友人が書いた絵本がある。題して「AN APPLE SHINIG LIKE THE SUN~Yuki and the great Hanshin earthqauke」で邦題は「おひさまいろのりんご 有希の阪神大震災」。作は友人の堀口清志さんで絵は妻の堀口久子…

続きを読むread more

旅のみやげ

 赤旗文化セミナーの英語教室は一週間に経験したことの発表ではじまる。教室に最初に入った人がまず発表する。続いてその隣の人、‥‥、と順に発表する。海外に出張中の息子の嫁が友人の結婚式に出るため日本に戻ってきて実家ではなく我が家に1週間も泊まっていった。伊勢神宮周辺を回るウォーキングに参加した。東図書館であんパンマンの漫画の英語版を借りてき…

続きを読むread more

寅さん

 映画寅さんを見た。50作品目だ。もちろん主演の渥美清はこの世にいないから、主演は甥の満夫だ。小説家になった満夫が過去のできごとを思い出すことでストーリーが進む。その時々に寅さんが登場し満夫に助言する。渥美清はもういないので過去の作品をアレンジしていかにも今も生きていて満夫に説教したり、かつての友人たちと騒動を起こす場面をうまく再生して…

続きを読むread more

京都大阪で

 13日に京都南座で前進座初春特別講演「人間万事金世中(にげんばんじかねのよのなか)」を見た。14日には大阪の天満天神繁昌亭で落語を聞いた。充実した新春の関西での二日間だった。その合間を縫って、知恩院へ行った。日頃は見せない大方丈、小方丈、方丈庭園が特別公開されると聞いて行ったが、29日以降の予定で見ることができなかった。建仁寺へ行った…

続きを読むread more

英語教育研究会

新英研の東海ブロック研究集会が名古屋学院大学名古屋キャンパスたいほうで開催された。小、中、高校から実践報告があった。  岐阜の小学校の先生は、小学校では英語を教えるというよりみんなが参加して楽しむ、つながることが大事でそのための授業づくりの工夫をしていると報告した。班ごとに先生の指示で、顔を描くこと。まず画用紙に顔の輪郭を大きく描く…

続きを読むread more

ウクライナ機墜落

 技術的ミスでウクライナ機が墜落したとイランが言っていたが、実際撃墜したのだ、と認めた。軍機とは関係ない飛行機を「敵機と誤認して」撃墜した。「敵機」すなわちアメリカもしくはアメリカの同盟国の飛行機を「人為的ミス」とはいえ撃ち落としたのだからアメリカが反撃に立ち上がるかと思ったが今のところその気配はない。墜落しウクライナ機にはアメリカ人が…

続きを読むread more

年賀状

 今年の分の年賀はがきを、妻のぶんと合わせて合わせて300枚買った。年賀状を171通出した。今日現在147通賀状をもらった。いったんは今年が最後の賀状です、と昨年書いてきた人でもあらためてやはり年賀状を書くことにしたと送ってきた人がいる。数年前にこれで最後と書いてきた人から久しぶりに来た。逆に、60歳の定年を迎えるので、これで年賀の挨拶…

続きを読むread more

岸田劉生展

 名古屋市美術館で「没後90年記念 岸田劉生展」を見た。岸田については麗子像の作品があるということしか知らなかった。だから、大きな作品が何点か出されていると思っていたが号数の小さい作品ばかりが思ったより多く出ていた。しかも、人物像が多かった。麗子像も一点しか描いていないと思っていたがたくさんの作品が出ていた。写真を見るような人物像もあっ…

続きを読むread more

イランの報復

 イランが、革命防衛隊の司令官がアメリカ軍に殺された仕返しとして隣国イラクにある米軍基地に弾道ミサイルを発射した、というニュースが大きく報道されている。イランにとってみれば当然の対処かもしれないが、これに対しアメリカが又何かをしでかすと戦争が勃発しかねない。何とか話しあいができないものか。国連が中に入ってうまく収められるといいが。  …

続きを読むread more

5年日記

 今日の中日新聞夕刊のコラム「紙つぶて」に堤伸輔氏が「・・・西暦でキリのいい今年は、例年よりも5年日記の売れ行きが上がっているそうだ。そうか、まだまだ手書きのものを愛用する人も多いのかと、うれしくなる」と書いている。松本清張が「日記の鬼」だったことを書くのが堤氏の目的だっただろうが、私は自分が5年日記を使っているので、引用のところが印象…

続きを読むread more

コンビニ

 コンビニは文字通り「便利な店」だ。我が家から歩いても1分ほどのところにローソンがある。今日は3回も行った。まず、コピーに。次は、粗大ゴミの回収チケットを買いに、3回目は手紙の投函に。郵便ポストのあるコンビニは少ない。ローソンだけかもしれない。ここで買い物をすることはあまりないが、ポストとコピーはよく使う。何かと便利で、他のコンビニと同…

続きを読むread more

学習指導要領・英語

 12日に行われる新英研東海ブロックの研究集会で、新しい学習指導要領について問題提起をすることになっている。参加者の多くは研究熱心な人だから学習指導要領の内容についてはご存じの人が多い。そこで、小学校の英語では「十分に音声に慣れ親しんだ」上での指導が各所で強調されていることと「書くこと」の内容について、中学校では単語の数が学習指導要領の…

続きを読むread more

トランプの愚行

 イラン革命防衛隊のソレマニエ司令官がトランプ大統領の指示でアメリカ軍に殺された。なんと愚かなことをトランプはするのだろう。自分の意に添わないからといって人を殺してはいけない。これを機にイランとアメリカの間で戦争状態になるかもしれない。  安倍内閣は自衛隊の中東沖への「派兵」を閣議決定した。自衛隊が戦闘に巻き込まれかねない。閣議決定は…

続きを読むread more

正月

 今年の3が日は、ここ数年でもっとも静かだった。天気は3日とも晴れて風は弱く穏やかだった。友人たちを今年はあえて呼ばなかった。特別な理由はない。従兄の娘が今夜来ることになっていたがインフルエンザの疑いがあるとかで来なかった。その分、テレビを見る時間が多かった。箱根マラソン、天皇杯サッカー、大学ラグビー、それにお笑い番組、を見た。こんなに…

続きを読むread more

年賀状

 元旦に来た年賀状より。市販の個性のない年賀状が多かった。自筆の挨拶を書き加えた賀状でもごくありきたりの挨拶を書いたものが多かった。その中で、学友や同世代の人から来たものには年齢に関する物が多い。「80を超えて記憶力が悪くなった」、「町内会の役員をやっている」、「グランドゴルフをやっている」などなど。かつて中学校で教えた子(今は立派な成…

続きを読むread more

あけましておめでとうございます

 こたつに入って紅白を見て、近くの神社へ初詣に行った。今年は天気がいいのに、参拝者が少なかった。我々が帰った後で来た人が多かったかもしれない。帰って冷えた体を風呂で暖めて床に。1時過ぎていたがいつも通り5時前に目が覚めた。今朝は、みそ汁を作らなくていいから新聞を読む時間がたっぷりある。ペイジ数の割には読むところが少ない。ほとんどが「全面…

続きを読むread more

銘酒

 「獺祭」が2本も手に入った。このいきさつについては、フェイスブックに書いた。私のまわりでは、かつては銘酒というと「越乃寒梅」だったが、このごろは「獺祭」の方が人気があるようだ。  「越乃寒梅」との出会いは、もう30年近く前、大阪で教育研究集会があった夜、仲間たちと居酒屋で飲んでいたら「『越乃寒梅』が手に入った」と一升瓶をかかえて仲…

続きを読むread more

今年の漢字

 20日に見晴台学園大学の忘年会があり、学生、卒業生、父母、教職員総勢約30人が参加した。プログラムのひとつに「今年の漢字」があった。参加者全員が一字ずつ書いた紙を壁に貼り、その字を選んだ理由を述べる、というものだ。軽度知的・発達障害のある学生がどんな字を選び、それをどう説明するかに注目した。全員自分で漢字を選び、その理由をきちん…

続きを読むread more