何かにつけて改憲に言及

 自民党の稲田幹事長代行が講演で「男女不平等解消」を憲法に書き込んだら、と言ったそうだ。我が国が他国から男女不平等の国と言われていたり、ジェンダー平等があちこちで叫ばれているのに便乗しての発言だろう。憲法14条には、すでに男女平等が書かれている。自分たちがこれを守っていないだけだ。稲田さんは憲法を知らないのではないだろうか。新型肺炎の猛威に便乗して「緊急事態条項」を憲法に書き込むことが政府与党で画策されていることは2月5日のこのブログに書いた。本命の9条改憲はそう簡単にはできないなら他から攻めよう、とばかりに憲法改悪を推進する材料を与党の人たちは探しているようだ。
 「改憲発議に反対する全国緊急署名」が「安倍改憲NO!全国市民アクション運営委員会」から提案され、署名活動が始まっている。益川敏英、田原総一朗、前川喜平、なかにし礼、浜矩子さんら21人の人が呼びかけ人になっている(19年12月13日現在)。この署名運動を是非とも成功させ、安倍内閣の憲法改悪のたくらみを断念させなければならない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

大吟醸
2020年02月13日 01:29
お疲れ様です