思いやり予算

 今朝の中日新聞は、トランプ政権が米軍の駐留経費(思いやり予算)を4倍に増やすよう日本政府に要求している、と書いている。トランプは同盟国に「公平な負担」を要求しているらしいが、「公平」とはどういうことか。米軍が駐留して日本を守ってやっているとでも思っているのだろうか。基地従業員の給与や社会保険料、光熱費、設備施設費、さらには米軍普天間基地の移設の費用などが「思いやり予算」の内容だそうだ。今でも年6千億円近くを支出している、と新聞は書いている。トランプはどこまで強欲なのだろう。大事な日本の土地を基地として貸してあげているのだから、土地使用料や各種税金を払ってこそ「公平」ではないか。従業員の給与や社会保険料までどうして払ってやらねばならないのか。 
 が、最終的には安倍内閣は、ご無理ごもっともとトランプの要求を受け入れるだろう。安倍とトランプとで我々庶民の生活を破壊している。基地がなくなれば、我々の生活はもっと楽になるだろう。安倍とトランプは早々にお引き取りを願わねばならない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント