アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
キャシーちゃんのブログ
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
見晴台学園大学
 今日のテーマは「基本的人権って何?」。「あたらしい憲法のはなし」の「7.基本的人権」を読み、該当する項目を探し出したり、憲法の条文から「権利」と「自由」ということばを探すことをやった。学生が傍線を引いた個所の簡単な説明をした。学生にとっては難しい内容なので具体的な事例を挙げての説明が必要だが適当なものはなかなかない。7月11日の中日新聞に載った日本人中学生の投書「過激派と無関係なのに」が役立った。イスラム教徒教徒である彼女はイスラム教の規律を守ることで「過激派と勘違いされて差別されることもあり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/17 16:46
猛暑の中で
 「お宮掃除」という行事が我が町内にある。年に2,3回あるが、夏は海の日に行うのが恒例になっている。10月の第1土、日曜日に秋祭りがある。呼び物は、名古屋市指定文化財の山車だ。山車を飾る幕や提灯、幟などの虫干しをするのが夏の「お宮掃除」の主な目的だ。当番の組が虫干しをしている間、他の組は境内の掃除、草取りをする。町内約150戸から一人ずつ出て作業を行うことになっているが強制ではないので参加者は毎回4〜5分の1ほど。今日は特に暑いのでいつもより少なかった。  行事は8時から約1時間ほどで終わった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/16 21:49
愛知民教連ニュース
 「愛知民教連ニュース」は1988年5月に第1号を発行した。1991年75に発行した19号までは民教連の大先輩、村田徹也さんが編集長だった。1991年7月発行の20号から2000年1月の72号までは私が編集長をしていた。73号から109号まで(2000年3月号〜06年5月)は江口政孝さんが編集長だった。彼が家族の介護などで忙しくなったので、06年7月号から私またが編集の仕事をすることになった。  編集長というと立派な仕事のように聞こえるが、弱小団体のため、企画から原稿の依頼、編集、印刷の注文、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/14 22:30
Sちゃんが大きくなって…
 子どもの頃、道を隔てて一軒北に住んでいたSちゃんがやってきた。大学5年生になっている。建築デザインの勉強で1年近くニューヨークへ行っていた。今は、就活中で、近々東京へ働き口を探しに行くが名古屋で働きたい、と言っている。妻がいなかったので、若い女性を二人だけの家に上がらせるのはまずいと思って玄関先で話した。  富士山へ行ったから、と土産を買ってきてくれた。菓子を2コくれた。二箱ではない。老夫婦二人だけだからちょうどいい。富士山へは彼氏と登ったのかと思ったら、「おねぇちゃんと」だと言う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/13 15:50
熱心な生徒
 赤旗文化セミナーの生徒さん達は熱心に勉強し、ずいぶん力をつけてきた。同時に自信もついてきたようだ。 入ってきた時は小さな声だった人がひと月も経つとふつうの声になってきた。おたがいにわからないことを聞き合って知識を増やしているようだ。  先々週、Sさんが「これからは〜するようにしたい」という内容のことを英語で発表した。そのとき彼女は、in the furureという語句を使った。それに対し、Tさんがin the futureはちょっと大げさすぎる、と疑問を呈した。私が、from now on... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/12 22:37
タイの洞窟で
 少年達が洞窟に閉じこめられた事件は無事解決した。いやな記事が多い中で、朗報だ。水中をダイバーに付き添われて脱出する時、発見される前、発見されてから救出されるまで、少年たち心細かったことだろう。世界の注目の中での救出劇はこれからの話題になるだろう。  2010年にチリの鉱山で鉱夫33人が生き埋めになり、2ヶ月後に救出された。そのときも世界が注目した。  どちらの事故でも、世界各国からの援助があった。人の命を救うためには国境はない。内戦で国を追われた人たち、宗教の違いでひどい差別を受けている人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/11 22:24
見晴台学園大学
 憲法9条を勉強した。大事なことだからいつもよりていねいに話そうと思い準備をした。こちらがしゃべってばかりいるのでなく、学生にも手を動かしてもらおうと思って教材を準備した。教科書みたいに使っている「あたらしい憲法のはなし」の「六 戦争の放棄」に「…そこでこんどの憲法では、日本の國が、決して二度と戦争をしないように、二つのことをきめました」として二つの内容を説明している。「その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです」と「もう一つは、よその國と争い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/10 16:45
賢明な選択
 安倍さんが、ヨーロッパへ行くことをあきらめたようだ。当然だろう。この緊急事態に外遊なんてもってのほかだ。今までもかつての首相と比べると外国の首脳と会う機会が多い。そして、多くの金を何とか支援と称して訪問したた国々のいくつかに与える約束をしてきた。その成果はこれからわかるだろうが、今のところあまり期待できない。日本より貧しい国々に経済支援をするのは間違ってはいない。「日本の援助でこの橋が出来ました」と喜んでいる国もある。  それと同じくらいの金を国内の必要なことに使ったらどうだろう。6人に一人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/09 18:51
水害
 各地で水害が起きている。ラジオでは、本放送の間にも地方局から割り込んでの現況報告のニュースが入る。新聞では、屋根裏まで使った家や決壊した堤防、土砂崩れの現場などの写真が一面全部を使って報道されている。亡くなった人が約70人、行方不明者も多数と報じられている。  そんな報道の中で気になることばがある。「危険な水路に近寄るな」という内容の注意だ。興味本位で川の水位を見に行くことは厳につつしまねばならない。しかし、「危険な水路に近づくこと」を役割としている人もいる。  どの地域まで通用するか知ら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/08 21:05
癌よおごるなかれ
 相次いでガンが見つかった人が身近に3人もいる。  私より3歳年上で近所の男性。昨年いつも通っている内科医が大きな病院できちんと診てもらった方がいい、と言った。大きな病院でなく別の医者に診せたがたいしたことはない、とのこと。今年になって、いつもの内科医から電話があって、あのことはその後どうなりましたか、と親切な電話があった。気になったのでその医者から紹介状をもらって第一日赤に行ったら肺ガンが見つかった。手術は成功し退院してきたが、食欲が無くて元気がない状況。前学区老人クラブの連合会長をしていた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/07 19:00
疑ってすみませんが
 妻が昨夜友人に、採れたてのトマト、キュウリ、なすなどを我が家の郵便ポストの入れておくから、こちらへ来た時に勝手に持って行って、と電話していた。今朝、そのトマトなどはなくなっていて代わりにジュースの瓶が入れてあった。親戚からもらったものです、との手紙がそえてあった。  時々、誰かが(あとで誰だかわかるが)玄関先に野菜をおいてくれる。先日は、妻の所へ来た客が帰ったあとで菓子の入った袋がおいてあった。客に電話しても自分のものではないと言う。あとでわかったが、一緒に来た別の人が持ってきてくれたものだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/06 22:07
サッカーのあとで
 サッカーW杯で日本が負けたのでマスコミも静かになった。たまたまスィッチを入れたら試合をやっていたので聞いた、という程度のファンなので、残念とかチクショーとかという思いはない。  観戦後のファンの態度が話題になっているらしい。観戦後に自分たちの席の周りを掃除したそうだ。それを見習って他の国の観戦者も同じようなことをしたとか。さらに、選手もロッカールームをきれいに掃除し、ロシア語で「ありがとう」と書いた紙を貼った、とも報じられている。外国からも賞賛されていると新聞は書いている。一方、インターネッ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/04 16:27
見晴台学園大学
 今日の講義では、アレン・ネルソンの活動を描いたDVD「9条を抱きしめて」を観た。ネルソンはアメリカの黒人で、貧乏な家から逃れようと18歳でアメリカの海兵隊に入った。沖縄の米軍基地で訓練を受け、ヴェトナム戦争に従軍した。そこでヴェトナム人を何人も殺した。除隊後彼は戦争の恐ろしさと日本国憲法9条の大切さをアメリカや日本で、主に学校で生徒達を中心に講演して回った。  これを、ネルソンの講演や活動、漫画などでわかりやすく編集している。軍隊は決して平和のために戦うのでなく人殺しのために戦うことや、平和... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/03 22:44
転入者
 医療生協の機関紙を妻にかわって14人の会員さん宅に配った。旧来から(1980年代)の在住者は3分の1で、多くはつい最近転居してきた人たちだ。  16年前は町内の自治会長をしていた。いまは老人クラブの会長をしている。お知らせなどを回覧してもらうために組長さんの所へ届けたり、老人クラブの役員さんや会員さんにはいろいろの連絡のためにおじゃますることがあったし、今もある。だから、ある程度のお宅は知っているつもりだった。  しかし、医療生協の会員さんは、こんな人がいたっけ、という人が多い。田舎のこと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/02 20:21
親切な言葉
 「親切な」というより「おせっかいな」と言った方がいいかもしれない。ずっといぜんに同じようなことを書いたおぼえがあるが(フェイスブックに書いたのかもしれない)最近ラジオで著名な人が言っていたことが気になったので改めて書くことにした。  その人が言うに「最近ラジオを聞いているとていねいな言葉多い」としていくつかの例を挙げた。その中に、気象予報士の言葉があった。「晴れていますが、夕方から雨が降るかもしれないので、折り畳みの傘をかばんに入れておくといいでしょう」と。これはよく聞くことで、傘を持ってい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/01 12:06
W杯サッカー
 サッカーワールドカップで日本はかろうじて決勝トーナメントに進むことが出来た。日本は予選の3試合目で、ポーランドに負けたが同じ組の他のチームが成績が悪かったので決勝戦に進むことが出来た。しかし、ポーランド戦は新聞で読む限り後味の悪い結果になった。マイナスを防ぐために、日本は後半の残り時間15分くらいから自ら攻めることをしないで時間稼ぎをした。同じ組の他のチームの勝数によってはどうなるかわからない。無理をして攻めて持ち点を減らすよりこのまま試合を終わらせた方がいいとの監督の作戦であえて攻めなかった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/29 21:35
はやぶさ2
 探査機「はやぶさ2」が小惑星「りゅうぐう」の高度20キロの観測用基準点に到着したと報じられた。南極点や北極点にではない。「はやぶさ2」は2014年12月に打ち上げられた。3年半かかって約32億キロ飛んだ。今後10月から3回「りゅうぐう」に着陸して資料採取したり人工クレーターを作るなどいろいろの観測をして19年に離陸し、20年末頃に地球に帰還するという。  「りゅうぐう」に何があるかより、こんな遠くまで長い時間をかけて探査機を飛ばし、同じ道を又戻ってこさせるという技術に関心が向く。どんな人がど... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2018/06/27 22:41
見晴台学園大学
 今日の講義には学生が二人とサブティチャーの合わせて3人だけが出席。社会のことを断片的だが知っていてよくしゃべる学生が欠席して、さみしい静かな教室だった。  「おーい お茶」は誰がどのような場合に発することばか、と疑問を投げかけたが反応がない。「いくめん」ということばについても二人は沈黙。夫が妻に、「おーい」と呼びかけ、お茶を持ってこさせるというような場面を思い浮かべてもらいたかったが失敗だった。男女平等、男女同権を具体的な例をあげて話すつもりが見事失敗した。日本国憲法第21条、第22条、第2... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/26 17:56
表現の自由と公共の福祉
 見晴台学園大学で担当している「平和と社会」では、日本国憲法の内容をわかりやすく話すことに苦労する。具体的事例を挙げて考えあうことにしているが材料がなかなか見つからない。明日は国民の権利と義務を話すことになっている。  平和行進と道路交通法、自民党の穴見議員のヤジと表現の自由、ゴミ屋敷と居住の自由など最近の体験やニュースを材料にしようと準備をしている。「公共の福祉」との関連でも考えたい。  学生がどれだけ興味を持ってくれるか心配だが、「日本国憲法を口語訳してみたら」(塚田馨著、長峰信彦監修。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/25 22:31
町田明さんの声と心を甦らせる会
町田明さんの声と心を甦らせる会  タイトルの会が浜松市市民協同センターで行われた。町田さんは、長年静岡民教連の代表を務めた人。昨年12月に亡くなった。80歳だった。他に彼は作文の会の重鎮であったし、1997年に静岡県教育文化研究所設立の中心的役割を果たした。  ふつうなら、「偲ぶ会」と銘打った会を催すのだが、主催者の格別の思惑があってか、このような名前の会になった。参加者も、県内の町田さんに関係するごくわずかの人が中心で県外からは愛知民教連前事務局長と私の2人だけが参加した。総勢25人という小規模の会だった。かたぐるしい会で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/24 23:17

続きを見る

トップへ

月別リンク

キャシーちゃんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる