テーマ:憲法

見晴台学園大学

 今期最後の教室での講義。憲法にある、「子女に教育を受けさせる義務」、「働く義務」、「納税の義務」を説明した。  天皇にはこれらの義務はないが「すべての行為には、内閣の助言を必要と」とすることや内閣総理大臣を任命するが「国会の指名」がないと出来ないこと、国事行為は「内閣の助言と承認」が必要なことなども説明した。  14回の講義は決し…

続きを読むread more

見晴台学園大学

 「平和と社会」の授業も今日がまとめ。中日新聞が読者から募集し、連載している「終戦70年 平和俳句」の今日の作品、「終戦日17才の夏でした」の作者の年齢は?という質問で始めた。今年が終戦70年ということを知っていたら答えは簡単。東京都の77才の女性の作。  続いて、日本国憲法についての復習。公布日と施行日の年月日を問う。すでに渡してあ…

続きを読むread more

9条の学習会

 富田地域憲法九条の会の学習会があった。「多数決で決まったことは正しいから従わなくてはならないか」という疑問にどう答えるか、が話題になった。多数決で決まったことがある人の人権を損なうことだってある。例えば、「村八分」はどうか。大勢の子が1人の子をいじめるのはどうか。等々、我々の話し合いだけでは解決できる問題ではない。  もう一つ、「環…

続きを読むread more

見晴台学園大学

 前回、憲法99条に、「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官、その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負う」とあるが、集団的自衛権行使を閣議決定することはこれに違反する、ということを話した。 今日はまず8日付の中日春秋を資料にしてその復習をした。中日春秋には、さいたま市の三橋公民館が「公民館だより」に「梅雨空に『9条守れ』…

続きを読むread more

憲法学習

 新婦人中川支部と中川原水協主催で「日本国憲法と日米安保体制」の学習会があった。講師は名大大学院教授の愛敬浩二さん。改憲の動きを話す中で愛敬さんは教育「改革」にもふれ、道徳の教科化や教科書検定の見直しについても少しだがコメントされた。私は仕事柄こちらに興味があったが教育関係者の集まりではないので無理は言えない。  安倍政権の「壊憲」戦…

続きを読むread more

憲法9条を改悪するためには…

 「富田地域憲法9条の会」の学習会があった。前回から、「日本国憲法の心とはなにか」(川村俊夫、あけび書房)を読んでいる。数頁ずつ読み進め、あれこれ話し合っている。本筋から離れて話がはずむことが多い。  今日は「序◆動きだした『憲法調査会』」のうちの◆「環境権」や『プライバシー権」のために?と◆「おしつけ憲法」へのアレルギー、◆どのよう…

続きを読むread more