テーマ:赤旗文化セミナー

平和宣言

 赤旗文化セミナーの英語教室では、毎回冒頭に1週間の体験談を英語で発表してもらう。今日の教室で沖縄慰霊祭のことを話した人がいた。玉城知事の平和宣言にも触れ、知事が述べた英語の部分をパソコンで売って仲間に配った。知事は英語の前に沖縄弁でも同じ内容のことを述べた。「沖縄弁より英語の方がうんとわかりやすい」とその生徒さんは言った。数回前に、別…

続きを読むread more

暴力連鎖

 赤旗文化セミナーの「楽しい英語」教室では、前回からの体験などを自分のできる限りの英語力を駆使して発表してもらっている。昨日の教室で一人の生徒さんが「暴力の連鎖」は「chain of violence」でいいですか、と聞かれた。彼女は、貴ノ岩の付き人への暴行事件について報告する予定でいた。文章は大方できていたが、念のために質問した。元横…

続きを読むread more

赤旗文化セミナーで

 赤旗文化セミナーの「楽しい英語教室」の生徒さんが喜々として話してくれた。   名古屋駅で外国人がうろうろしている。勇気を出して「キャン アイ ヘルプ ユー」と言った。その外国人はどうやらポルトからきた学生で、高速バスで大阪へ行く予定とのこと。バスの乗車位置がわからなくて困っていたそうだ。発車時間が迫っている。生徒さんは、じゃ一緒に行…

続きを読むread more

熱心な生徒

 赤旗文化セミナーの生徒さん達は熱心に勉強し、ずいぶん力をつけてきた。同時に自信もついてきたようだ。 入ってきた時は小さな声だった人がひと月も経つとふつうの声になってきた。おたがいにわからないことを聞き合って知識を増やしているようだ。  先々週、Sさんが「これからは~するようにしたい」という内容のことを英語で発表した。そのとき彼女は…

続きを読むread more

文化祭

 あいち赤旗文化セミナー 文化祭が開催された。今回のテーマは「戦争はしない。戦争に荷担しない。愛と平和を」であった。文化セミナーのハーモニカ教室の生徒さん達による演奏で幕を開けた。主催者挨拶は日本共産党の参院選挙愛知選挙区予定候補。すやま初美さんが行った。  メインの記念講演は、新美南吉記念館の学芸員遠山光嗣さんの「新美南吉に見る愛と…

続きを読むread more

マザーテレサ

 赤旗文化セミナーで前回と今日、マザーテレサの活動についての英文を読んだ。中学2年の教材だ。一通り読み終わった時、Tさんが言いたいことがある、と言われる。  テレサがどれだけがんばっても彼女が援助をしている貧民街の人たちは浮かび上がれない。その日の生活には困らないような援助はできるが貧民街を無くすとか、貧民街から抜け出させることはでき…

続きを読むread more

熱心な生徒さん達

 「赤旗文化セミナー 楽しい英語」の教室には6人の生徒さんがいる。男女3人ずつで皆さん60代。私より若い。他でも英語を勉強している人もいるし、フィリッピンで会社を経営して英語を駆使して商売をしている人もいる。そんな人たちがこの教室に来る理由が分からない。特別なことをやるわけではない。中2から高校初級程度の英語の文を読んだり、クイズを解い…

続きを読むread more

養老の滝

 名古屋女子大教授ダクラス・ジャレル(Douglas S. Jarrell)さんは、毎日短い英文のエッセイを「じゃれマガ」というコンピューター上の個人雑誌に書いている。それを登録した人に無料で配信している。私は、ジャレル教授の許可を得て、時々赤旗文化セミナー「楽しい英語」を教材にしている。  9月の中頃の記事で、敬老の日について書いた…

続きを読むread more

イギリス英語

 赤旗文化セミナーで使う教材を準備している。サマーセット・モームの書いた短編を高校初級用に書き直したThe Luncheonを使おうと思って読み始めた。おもしろい。オー・ヘンリーの作品にも通じる「オチ」がおもしろい。高校生用に書き直したものだがイギリス英語が出てくる。I haven't enough money …. とか、I knew…

続きを読むread more

スマホ

 赤旗文化セミナー「楽しい英語」の今日の教材は名古屋市在住のアメリカ人の短い文章だった。彼はある大学で教えている。学生が講義中ずっとスマホをいじっている。講義終了後その学生がやってきて質問した。答えるとその学生はまたスマホをいじっている。どうしてそんなことをしているのかと聞くと、スマホをノート代わりにしていることが分かった。この文の結論…

続きを読むread more

赤旗文化セミナー

 昨年の4月から始まった「赤旗文化セミナー『楽しい英語』」は今日で今年度の教室は終わった。先週からやっている、「窓際のトットちゃん」の一部を英訳した「Utsukusii is Beautiful」を最後まで読んだ。最後の部分に、Japan and America were becoming friends at Tomoe. But o…

続きを読むread more

I have a dream.

  赤旗文化セミナー「楽しい英語」で、今日はマーチン・ルーサー・キング・ジュニアの有名なI have a dream.を読んだ。長いし、難しい箇所もあるので、後半3分の1ぐらいを今日と次に分けて読むことにした。今日は欠席が2人いて、順番が早く回ってくるといいながらも皆さんきちんと予習をしてきてうまく日本語訳が出来た。  授業の最初は前…

続きを読むread more

おおきな木

 シェル・シルヴァスタイン作「The Giving Tree」は中学3年の教科書にも載っている作品で、童話といってもいい。ある木の少年に対する異常なばかりの愛情が描かれている。小さいころは木が少年の遊び場だった。少し大きくなって、久しぶりにやってきた少年は木に金をねだる。金はないが実をとって市場へ持っていき売って金を作るように木は言う。…

続きを読むread more

赤旗文化セミナー

 「赤旗文化セミナー」の講師の忘年会があった。皆一様に明るい表情だ。「増えて良かった」、「結果が悪かったら、シーンとして飲まねばならなかった」、と口々に総選挙の結果を喜ぶ言葉が出る。選挙中の出来事を自慢して話す人もいる。候補者の裏話をする人もいる。どこでどう間違ったか、「オレオレ詐欺」のことに話しが及んだ。偽の息子からの電話を見破った人…

続きを読むread more

マララさん

 赤旗文化セミナー「楽しい英語」では、毎回最初に1週間で経験したことを英語で発表してもらっている。準備が大変らしい。生徒さん達は、必ずしも正確な英語ではないが熱心に準備してくる。それぞれに対して私から英語で質問するが答えは英語の場合もあるが日本語の場合もある。質問の意味が分からない人もいる。  話す内容が完全に分からなくてもなんとか分…

続きを読むread more

文化祭

 あいち赤旗文化セミナーがあった。このセミナーには18の教室がある。その教室の交流と勉強の成果の発表会が文化祭の目的だ。歌声教室の生徒による「歌声喫茶」で声を張り上げた。教室紹介では、講師が各教室の紹介と宣伝をした。私は「楽しい英語」の内容を紹介した。  昼食休憩は1時間半と長く取ってあった。4つもある絵画教室や切り絵教室の展示作品を…

続きを読むread more

雨の一日

 朝から雨。月に1回だけだが9のつく日に富田地域憲法9条の会は街頭宣伝をしている。この雨ではやれないと早々に中止を決定した。おかげで終日家にいて仕事がはかどった。仕事というのは赤旗文化セミナーや見晴台学園大学の授業の準備だ。1回か2回分の教材ができた。大学では今、学生が各自で選んだニュースを解説するという形で社会問題を話し合っている。だ…

続きを読むread more

録音教材

 在職中にいつかは使うこともあるだろう、なくても自分が聞けばいいと英語圏の人が吹き込んだテープのセットを買った。しかし、教師用教科書についているテープで十分間に合ったので使わないまま今に至っている。それが今役立つことになった。「赤旗文化セミナー 楽しい英語」の講師を4月からしている。今日でまだ3回目が終わったところだ。ここで使える。受講…

続きを読むread more