テーマ:随筆

そとづらはいいが

 安倍総理がさかんに外国へ出かけている。日本は鎖国をしているわけではないので文句を言う筋合いではないし、直接出向いて相手国の首脳と膝をまじえて話し合うことはいいことだ。しかし、気になることがある。対外支援を惜しげもなくすることだ。貧しい国を援助することは何も悪いことではない。むしろ積極的に行うべきだ。が、何か度がすぎるような気がする。行…

続きを読むread more

舌禍 ツィッター禍

 官僚がつまらんことをつぶやいて更迭された。いや、つまらなくない。大事な本音だ。日ごろ思っていることがつい口に、いや指先に出たのだろう。上司から、議員から無理難題を要求され。国民から突き上げをくう。ストレスがたまる。ぼやく相手がいないのでつい手元にある機械に指が動いたのだろう。それにしても、原発反対の市民を「左翼ども」と呼ぶのはよくない…

続きを読むread more

性的マイノリティ

 NHKラジオなのかNHK全体の立場なのか知らないがこの頃、ゲイ、レズビアン、性同一障がい者などをよく登場させている。第1放送「スッピン」では小椋ケンイチによる「オグネーの3分聴いてきれいになろう」を毎日放送している。「午後のまりあーじゅ」では木曜日にソルボンヌが出ている。昨日はスッピンに現代アーティストのピューぴるが出ていた。 自動…

続きを読むread more

早期英語教育

 大学入試にTOEFLを、中学校でも英語の授業は英語で、小学校でも英語を教科にし低学年までに拡げる、等々英語教育について自民党、教育再生実行会議などから提案がなされている。高校ではこの4月から英語の授業は英語で行うことになっている。「国際化に伴う人材育成」が目的だそうだ。  新婦人の人たちと話している時、ある人が「娘が子どもに今のうち…

続きを読むread more

初もの

 キュウリが朝食に出た。今までもスーパーで買ってきて食していたが今日のは「今年の初もの」と妻が言う。  わが家で採れた野菜などの初ものはまず仏壇に供えた・・・・・前までは。その前がいつのことだかもう忘れた。今ではまず生き仏が食す。先祖に食べてもらう前の毒見、等と言うつもりはない。いつの間にか信心が薄くなっただけのことだ。  初ものを…

続きを読むread more

精米

 我が家は米がなくなると近くの町の農民連の人から玄米を買っている。それを近くのコイン精米所で八分づきにする。今日精米をしていて子どもの頃を思い出した。  隣近所は全て農家だった。収穫した米は決められた量の供出以外は自分のものだった。白米のご飯が食べられる時代だったから私の子どもころといっても小学校に上がる前の1943年頃だったろう。町…

続きを読むread more

ぶらり5・7

 午前中にどうしてもしなくてはならないことは銀行へ行き自動車税を納めることと本屋で「新幹線お掃除の天使たち」を買うことだ。銀行の用事は直ぐに終わった。あとは、ぶらりと町内をゆっくり歩きながら本屋へ。午後3時半まではこれといって時間に縛られる用事はない。    「誰がちゃらちゃら音をたてて歩いてくるかと思った」といきなり声が聞こえてき…

続きを読むread more