テーマ:憲法九条

マララさん

 赤旗文化セミナー「楽しい英語」では、毎回最初に1週間で経験したことを英語で発表してもらっている。準備が大変らしい。生徒さん達は、必ずしも正確な英語ではないが熱心に準備してくる。それぞれに対して私から英語で質問するが答えは英語の場合もあるが日本語の場合もある。質問の意味が分からない人もいる。  話す内容が完全に分からなくてもなんとか分…

続きを読むread more

ノーベル平和賞

 30%の確率で日本国憲法9条が受賞すると思っていた。だから、結果を聞いて「やっぱり」というのが偽らざる気持ちだ。若い一主婦が始めた「日本国憲法第9条にノーベル平和賞を」という運動がこれほど広がるとは思っていなかった。だから、ノーベル平和賞の委員会に申請が受理されたと聞いて驚き、候補のリストに入ったときいて驚き、最近はトップという予想が…

続きを読むread more

街頭での訴え

 富田地域憲法九条の会の街頭宣伝の日。朝10時から、関西線春田駅とスーパーアブヤスの前で、日本国憲法9条を守ろうと訴えた。Kさんは、「なかにし礼が『若者よ銃をとるな、と訴えた』。美空ひばりは『一本の鉛筆があれば、平和と書く』歌った。沢田研二は『究極の平和を』と歌った」有名な流行歌関係の人も平和の大切さ、9条の大切さを歌ったと話した。Oさ…

続きを読むread more

九条の会

 富田地域憲法九条の会のニュース42号ができた。B5版4ペイジの小さなもの。2か月に1回程度の発行を目指してきたが最近はニュースの材料がないので不定期に発行している。41号は4月に発行した。  7人ぐらいの世話人と配達係が手分けして130人の会員に配達する。私はニュースの編集もするが7人の人に届けるのも仕事の一つ。自分自身が配らねばな…

続きを読むread more

見晴台学園大学

 今日の教材は「全国商工新聞」2月10日付けの「憲法を活かす世界の人々⑥米軍を撤退させた折り鶴」(朝日新聞記者・伊藤千尋筆)。南米エクアドルが2009年憲法の力で米軍基地を撤退させた、というもの。97年の大統領選挙に立候補したコレア氏は公約で米軍基地をなくすと言った。伊藤は皮肉を込めてこう書く「日本と違って、南米の政治家は約束を守る。当…

続きを読むread more

憲法九条

 富田地域憲法九条の会は月に一回9のつく日に街頭宣伝をしている。今月は今日だった。9日は他の行事があり、19日は市長選のさなかで選挙違反の疑いをかけられてもいけないので中止にした。特定の候補者に言及するようなことはないが我々と同じ立場の人も立候補しているから、間接的に応援演説と受け取られかねない。用心に越したことはない。  暑くもなく…

続きを読むread more

憲法学習会

 富田地域憲法九条の会の学習会があった。今日から新しいテキストに入る。10冊目だ。07年10月からだから5年半弱。よく続いてきたものだ。常連だった人のうち3人がすでに亡くなり、2人が入院中だ。今日の参加者はたったの4人。それでも、「継続は力」という言葉を信じ、元気にしゃべりあった。「継続」はしていても「力」がついたかは疑問だ。   今…

続きを読むread more

街頭宣伝

 ハワイから昨日の6時前に帰宅した。少しでも紀行文を書こうかとしたが、無線ランの親機の調子が悪く、インターネット接続ができなかった。やっと今日の午後に修復した。その為に、ハワイ旅行の紀行文は2、3日ずれる。    今日のことを先ず。19日だから富田地域憲法九条の会の街頭宣伝日。寒かった。嬉しいことがあったので旅行記の前に書くことにす…

続きを読むread more