テーマ:日本国憲法

見晴台学園大学

 日本には、法律が無数にある。新聞の社会面を読んでいると自動車運転処罰法とか暴力行為等処罰法、最近では特に児童虐待防止法が目につく。学生たちは新聞を読んでいないし、読んでいても法律にまで注意して読まない。1週間自分で書き留めた法律を紹介した。麻薬取締法がどのような記事に出てきたか、をきいたら有名な音楽家の名前を答えた学生が一人だけいた。…

続きを読むread more

見晴台学園大学

 今日の講義には学生が二人とサブティチャーの合わせて3人だけが出席。社会のことを断片的だが知っていてよくしゃべる学生が欠席して、さみしい静かな教室だった。  「おーい お茶」は誰がどのような場合に発することばか、と疑問を投げかけたが反応がない。「いくめん」ということばについても二人は沈黙。夫が妻に、「おーい」と呼びかけ、お茶を持ってこ…

続きを読むread more

表現の自由と公共の福祉

 見晴台学園大学で担当している「平和と社会」では、日本国憲法の内容をわかりやすく話すことに苦労する。具体的事例を挙げて考えあうことにしているが材料がなかなか見つからない。明日は国民の権利と義務を話すことになっている。  平和行進と道路交通法、自民党の穴見議員のヤジと表現の自由、ゴミ屋敷と居住の自由など最近の体験やニュースを材料にしよう…

続きを読むread more

見晴台学園大学

 憲法学習は難しいから復習に時間をかけることにした。日本国憲法の公布日と施行日から始まり、条文の数や「最高法規」という言葉が何条にかかれているか、というようなことを穴埋め形式で答えさせた。教科書として使っている「あたらしい憲法の話」のあちこちを見ながら答えるのだが、それがなかなか難しいようだ。前回大事だからと傍線をつけさせたがそれを思い…

続きを読むread more

見晴台学園大学

 今日から講義内容が日本国憲法になった。「最高法規」とは何かを知るために、知っている法律を出してもらおうと思ったが、まったく知らない。かろうじて、自分たちに関する法律がありそうだ、という発言があった。障害者支援法、発達障害者支援法、身体障害者福祉法があることを説明した。自分自身も詳しくは知らなくて、教育六法の目次で知った程度。  最近…

続きを読むread more

九条の会学習会

 改めて日本国憲法読み直した。いろいろの意見が出て、第26条までしか進まなかった。出された主な意見や感想などはは以下の通り。  前文 「われらは、いずれの国家も、自国のことのみに専念して…自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる」について、実質的にイスラエルの首都をエルサレムにするというトランプの行為は…

続きを読むread more

学習会

 富田地域憲法九条の会の学習会を行った。第2水曜日が恒例の日だが今月は9日で長崎原爆記念日なので平和の鐘つきをするため1週間遅くした。木村草太著「憲法という希望」の第2回目。「国民主権」について話し合った。本来第1章に「国民主権」を書くべきだが「天皇」となっている理由を知った。「国民主権」はすでに前文で「…ここに主権が国民に存することを…

続きを読むread more

見晴台学園大学

 権利と義務のうち、権利について考えた。日本国憲法から「権利」という言葉を探して、それについて解説し話し合った。少し難しかったようだ。「居住、移転及び職業選択の自由」などの「自由」は「権利」と読み替えてもいいとも話した。「裁判を受ける権利」はわかりにくい。どんな場合に裁判を受けるのか、裁判は悪いことをやった場合、「裁判にかけられる」こと…

続きを読むread more

日本国憲法学習会

 富田地域憲法9条の会の学習会があった。「日本国憲法の心とはなにか」の生存権、教育受ける権利、働く者の権利の部分を輪読、し話し合った。義務教育の「義務」は保護者野茂ので子どもの義務はない。子どもは教育を受ける権利を持っている、ことを確認しあった。教育委員会制度、教科書採択制度と教科書の中身、労働基本権と公務員労働者に対する差別、等々につ…

続きを読むread more

9条の会学習会

 「富田地域憲法9条の会」の学習会があった。テキストは川村俊夫著「日本国憲法の心とはなにか」。第1章日本国憲法の誕生の3.日本政府の抵抗と憲法の国会審議を読んだ。 日本国憲法制定するにあたってGHQ案に対し日本政府案は天皇条項をはじめ多くの部分で明治憲法を踏襲する内容の対案を出した。マッカーサーは日本国民の感情をうまくキャッチして天皇制…

続きを読むread more

古本

 富田地域憲法九条の会では毎月第4土曜日に学習会をしている。今のテキストが2月23日で終わるので次はどれにしようかと考えていたら、会員の一人がブックオフで「日本国憲法の心とはなにか」(川村俊夫。あけび書房)を105円で買ってきて勧める。なかなかいい。読み終えるのに1年以上かかりそうだ。しかし、1680円は高い。今までは1000円以下のブ…

続きを読むread more