テーマ:見晴台学園大学

世界の母の日

 今日は母の日。我が家には関係ない日だ。母の日は、多くの国にある。そして、それぞれ特徴のある行事が行われているようだ。母の日はどこでも5月の第2日曜日だと思っていた。しかし、国によって別の日が母の日になっている。見晴台学園大学の学生から教えてもらった。彼女は、インターネットで検索し、国によって母の日が違うことを知り、仲間や私に知らせたか…

続きを読むread more

子どもの権利条約

 見晴台学園大学での次回の講義は10日。連休での学生たちの体験談やそれぞれの日の意義について考えることになっている。中心をこどもの日にして、子どもの権利条約について話そうかと思っている。ちょうど運良く、中日新聞のサンデー版に子どもの権利条約が特集されている。絶好の教材だ。何から話すと学生が興味を持ってくれるだろうと考えている。  第7…

続きを読むread more

障がい者雇用

 中央省庁や地方自治体で、障がい者雇用で手帳を持っていない人も障がい者に加え、法定通りに雇っている「ことにしている」事件が毎日のニュースになっている。このことについて妻は、知人の子どもを例にして、あの子を雇うとしたら補助員が何人もいる。ただでさえ労働強化が問題になっているのに障がい者以外の人が犠牲になりはしないか、と言う。知人の子どもは…

続きを読むread more

研究紀要

 見晴台学園大学の研究紀要創刊号ができた。開校4年半にしての発行だが、以前から学会や各種研究会で実践を発表したり、研究成果を雑誌などに発表してきた。B5判66頁の紀要は「発達・知的障害者の大学教育研究」というタイトルで、第1部論文、第2部大学彙報、第3部17年度シラバス、という構成になっている。1冊1000円で普及している。  この紀…

続きを読むread more

見晴台学園大学

 午前と午後一コマずつの授業があった。午前はノーベル平和賞をもらったマララさんについて話し合った。マララさんが12歳頃のころからタリバンに狙われていてついに2012年に銃撃されたこと、16歳になって国連本部で演説をしたまでのことを簡単に書いた中学生向きの英文があった。新英研の仲間が送ってくれたもの。それを私が訳したものを輪読し、説明し、…

続きを読むread more

終日多忙

 午前 みはらしだいまつり。先ず、校舎から近く公園までハロウィーンにちなんで仮装してパレード。私も加わる。今年は見晴台学園大学も正式に参加し、店を開いたし舞台にも立った。店では、いか焼きを作って売った。2人の学生が手際よく焼いていた。プラカードを持って会場を歩き回って客を呼び込む係、売る係、と本物の業者のようにうまくやっている。いか焼き…

続きを読むread more

見晴台学園大学

 今日の「ニュース解説」はMさんが担当。彼女には荷が重すぎるのでは、と思ったが他と同じように挑戦させたい。サブティーチャーの援助もあって何とかやりきった。内容は韓国の旅客船事故のこと。いささか時機を失した感はあるがみんなが知っていることなので話が弾んだ。新聞の切り抜きを資料にして、しっかり準備した原稿を読むという形で事件のあらましを報告…

続きを読むread more

運営委員会

 見晴台学園大学の運営委員会会議があった。月に一回の会議だが毎回、実のある話し合いがされ時間を忘れる。内容は、今週で終わった講義のまとめやこれからの行事についての検討が主な内容だった。  毎回、「学生の様子」という項目がある。運営委員が担当している授業で気付いた学生の様子を報告し合う。今回は項を別にしてひとりの学生について実態や対策を…

続きを読むread more

見晴台学園大学

 Oさんが今日のニュース解説者。ニュースではなく、話題を社会問題に広げ、差別問題を扱った。時間の関係で人種差別と宗教差別について自分の考えていることを述べた。  人種差別に関しては、同じ人間なのに白人と黒人それにアジア人というような差別があるのは納得できない、という趣旨のこと話した。  宗教差別ではイスラエルとパレスチナでの結婚問題…

続きを読むread more

見晴台学園大学

 午前は私の「平和と社会」の講義。「私はニュース解説者」シリーズ3回目はH君が担当。彼は自分の知識に自信を持っている。簡単なメモだけで1時間近くいくつかのニュースを解説した。「先回から2週間で気になったニュース」として「JTB社員逮捕。韓国船沈没。STP細胞、不正確定。ナイジェリアで児童買春。宮崎でバスハイジャック。タイ、インラック首相…

続きを読むread more

夕食会

 友達夫妻を呼んで我が家で夕食会。友人妻は軽い肺炎で1週間ほど入院していて今朝退院したばかり。全快祝いというほどではないが友人夫と乾杯。友人妻は自重して、我妻は友人夫妻を送っていくために飲まない。男どうして酒酌み合った。  友人夫は、見晴台学園大学のゲストティーチャーとしてお世話になっている。飲みながらの話題も学生のことが多かった。明…

続きを読むread more

見晴台学園大学

 授業の一こまとして「ピースあいち」へ行った。月曜の午前の授業だが、ピースあいちが月曜休みなので授業のない水曜日の午後にした。「ピースあいち」開館7周年企画として「特別展 みんなで学ぼう日本の憲法」の開催中に合わせて授業に組み入れた。6月の2週から講義の内容が憲法になるから参考になることが多いだろうと実施した。学生達は、常設展の戦争中の…

続きを読むread more

平和美術展

 第12回中川区平和美術展が4日午後から6日午後5時まで中川区役所講堂で開かれている。4日は午前中搬入と展示作業、午後から一般公開。今年も写真を2点出展した。写真の部では、常連の2人が高齢と多忙で作品ができなかったという理由で出品せず、さみしい展示になった。全般に女性の活躍が今年も目立ち、手芸、リフォーム、小物などは全員女性。他の部門で…

続きを読むread more

今日は3回戦

 第1回。午前、年金者組合中川支部総会。13年度の総括、会計報告、14年度の方針、予算案、どこでも同じような内容。しかし、急遽私が会計監査報告をすることになった。今までの会計監査の担当者二人のうち一人が死去でもう一人が入院中。困った役員が私に代理を要請した。状況から断るわけにはいかない。で、今日の「晴れ舞台」となった次第。ことのついでに…

続きを読むread more

雨の一日

 朝から雨。月に1回だけだが9のつく日に富田地域憲法9条の会は街頭宣伝をしている。この雨ではやれないと早々に中止を決定した。おかげで終日家にいて仕事がはかどった。仕事というのは赤旗文化セミナーや見晴台学園大学の授業の準備だ。1回か2回分の教材ができた。大学では今、学生が各自で選んだニュースを解説するという形で社会問題を話し合っている。だ…

続きを読むread more

見晴台学園大学

 4月14日から新学年が始まる。新入生が3人増え学生数も倍加した。新しい講座も増える。しかし、学長も事務長ものんびりしたもので(心中はわからないが)、担当者が決まっていない講座もある。例えば「地域と文化」という講座。3人の講師で3回(以上)ずつ持ってもらう。第1コースは「中川区の歴史探訪」、第2コースは「中川区の人物」、第3は「松重閘門…

続きを読むread more

見晴台学園大学

 私の「平和と憲法」の最終講義。憲法の条文をひとつ選んでコメントをするというの今日の課題のひとつ。  Hくんは第21条をあげた。「今の日本では表現の自由は守られていない」と彼は言う。テレビドラマで「赤ちゃんポスト」に関するような内容のことがやられたら抗議が殺到して内容を変えさせられた、などテレビの内容が作った人の思ったようにはなってい…

続きを読むread more

見晴台学園大学

 Hくんが「愛知は立てこもりが多い」と言った。「閉じこもり」と聞き間違えた。学園に在学する子の中には今までいた学校でいじめられたり、勉強についていけなかったりで不登校になったり閉じこもりになった子がたくさんいるのだろうかと思った。そうではなかった。○月に豊川で、次の月に春日井で、だいぶ前に稲沢で、と彼は話し始めた。「どうも同じことがよく…

続きを読むread more

見晴台学園大学

 昨日書いたことの続き。内容が本題と異なっているので昨日の文のあとに書くつもりでいたが忘れてしまった。Iくんの話題提供の続き。「ひとこと付け加えたい」とIくんが言う。どうぞと言ったら、いま問題になっている尖閣諸島、竹島、北方領土を「共同統治」にしたらという提案だ。尖閣は日本と中国の共同統治に、竹島は韓国とそして北方領土はロシアと、という…

続きを読むread more

見晴台学園大学

 今日の授業はIくんの話題提供から始まった。事務室兼職員室へ入ったらIくんが資料の印刷をしていた。A判3枚のもの。彼はローマ帝国に非常に関心を持っている。今日の話題もそれに関係するもの。しかし、舞台は日本。題は「日本平民会の導入提案」。「この平民会は、共和制ローマのシステムをモデルにし国会議員などの公務員の不正から国民を守る行政機関」と…

続きを読むread more

見晴台学園大学

 今日の授業は沖縄がテーマ。前回Aさんが沖縄に関心があるというので彼女に話してもらうように頼んでおいた。彼女の話は短くて要領を得ない内容だった。私が付け足した。日本にある米軍の基地の78%が沖縄にある。そのため米軍軍人による事件があとを絶たない。ヘリコプターの墜落事故もあった。普天間基地の周辺には住宅もあるし学校もある。騒音被害もひどい…

続きを読むread more

見晴台学園大学合宿

 見晴台学園大学には「現代教養演習」という科目がある。学長が担当している。「絵本の中で『病気と障がい』を扱っているものをさがし、読み、コメントする」というのが課題だ。コメントするにあたっていくつかの条件が出されている。1.概要 2.選定理由 3.本の中で自分が注目したところ 4.みんなから(今までの授業で)出された意見 5.思ったこと気…

続きを読むread more

見晴台学園大学

 今までに話し合ったことをもとに、私が提供する話題について話し合った。憲法には直接関係ないようなことだが学生は真剣に考えてくれた。  まず新聞の相談欄に乗った29歳の女性の相談を話題にした。「結婚したいが相手の両親が反対。どうしたらいいか」というもの。香山リカさんが回答者だが回答の部分を除いたコピーを配って考えてもらった。I君はすぐに…

続きを読むread more

見晴台学園大学

 先週までに習った日本国憲法に関係する(ような)事についての研究発表の日。3人ともきちんと準備できていて感心した。中でもIくんは天皇について調べた。歴代の天皇のうち初代神武から9代開化までの存在は疑問。鎌倉時代までは天皇が実権を握っていた。しかし、その後は国政を武家に任せていた、などと述べた。よく調べてある。  江戸時代は幕府の力が増…

続きを読むread more

見晴台学園大学

 授業の最初は先週からのニュース。よくテレビでニュースを見ているAさんはすかさず、「TPP何とか、それに5000万円もらった人のこと」と答える。「評論家」Hくんは「環太平洋なんとかというやつで、日本が不利になるやつ」と本質に近い答えを。Iくんに「5000万円」の内容を聞くと「徳洲会…」と言う。一般の学生よりもよい反応がある。防空識別権も…

続きを読むread more

見晴台学園大学

 この1週間の憲法(法律)に関するニュースから授業をはじめることにしている。今日は「1票の重み」最高裁判決について。日本国憲法第3章国民の権利および義務を中心にしての講義。第14条すべての国民は、法の下に平等であって…、という条文の内容と1票の格差について話す。どうしたら格差がなくなって平等に選挙権を行使できるだろうかという問に、Hくん…

続きを読むread more

選挙権

 見晴台学園大学での講義3日目。今日は憲法9条が中心。富田地域憲法9条の会が8年ほど前に作った紙芝居の上演。ついで9条を読む。どちらも日頃出会うことのない難しい言葉が出てくる。解説しながら読み進める。  選挙権の話になった。3人とも選挙権はある。参院選では投票には行ったと言っていた。選挙権を得られる年齢を18歳にしたらという意見がある…

続きを読むread more

憲法第1章

 見晴台学園大学での2回目の授業をした。「平和と憲法」の授業。日本国憲法第1章で天皇が「国民統合の象徴」はわかりにくいだろうと思った。特に「象徴」はわかるようでわからない。どうやって説明しようかとあれこれ考えた。辞書に載っている意味ではかえってわかりにくい。そこで国民の義務と権利について考えることにした。  天皇の地位は、「主権の存す…

続きを読むread more