テーマ:日記

ペルーへ

 昨日はこのパソコンも完全に壊れてしまったかと思った。インターネットエクスプローラーもアウトルックエクスプローラーも何をやってもうんともすんとも反応しない。あちことをクリックしまくっていたら、訳の分からない専門語の説明が出てきた。あきらめて、緊急な連絡だけ2通は妻のパソコンを借りて発信した。どうにでもなれと一晩ほっておいた。今朝はどうし…

続きを読むread more

敬老会

 9月22日に我が老人クラブの敬老会がある。老人クラブが主催する「敬老会」とは誰を「敬老」するのか知らないがずっと前からこの名称が続いている。ようは、クラブの集まりだ。総会とともに年間の2大行事。  集まるだけでは脳がない。何か有益なことをと考え、今問題になっているいろいろな詐欺、特に老人が被害者になる例が多い詐欺について専門家に話し…

続きを読むread more

平和の鐘撞き

 「富田地域憲法九条の会」は今年も年金者組合中川支部合同で今日のヒロシマ原爆記念日を皮切りに平和の鐘撞きをする。今日は8時前から江松(中川区)の随縁寺に11人が集まった。8時頃から雨が降りだし、「定刻」の8寺15分頃は土砂降りに近かった。雨のために出そびれた人もあろう。例年、本堂前の境内で、黙祷をしてから鐘楼へ上るのだが、今日は雨のため…

続きを読むread more

新英語教育研究会1

 2日から4日まで札幌市で新英研の第50回全国大会が開催された。北海道での開催は3回目。私は3回とも参加している。  2日の開会行事では札幌市立大通高校の和太鼓・伝統芸能部の演奏があった。韓国へも演奏に出かけたことがある伝統の部だそうだ。続いて基調報告。分かりやすい報告だった。そして、記念講演。倉本聰氏が「当たり前の暮らしを求めて」と…

続きを読むread more

74才になりました

 今日は誕生日。今は亡き両親によると今朝10時に産声を上げた。1939年だからまだ日本も裕福だった頃。前年兄が生まれて3日後に亡くなったので私は長男としてかわいがられ大事に育てられた。名前も父と曾祖父(祖父が早死にだった)のそれぞれに好みの漢字を合わせてつけられたと聞く。勇、勝雄、賢治など勇ましい名前の同級生と違って軟弱な名前だ。しかし…

続きを読むread more

友の通夜

 また1人友人が逝った。大学で4年間一緒に英語を勉強した友人。高校では1年先輩だが大学では同級生。真面目で、私と違ってよく勉強した。暇があると山に登ったりスキーに行く私たちのグループとは違ってESSやなんとか読書会で勉強していた。附属中学に引っ張られ、いずれは、と期待されたが真面目すぎるのが災いしたのか教頭止まりだった。落語好きという点…

続きを読むread more

○○も人の子

 バイクの警察官が私の車を追い越していった。生意気な、とばかりに追いかけた。60キロで走っていった。バイクの制限速度は30キロではなかったか。警察官がスピード違反とは。何か事件があったのか、でもバイクにはサイレンがついてないので合図なしで走っていったのか、警察官がトイレへ行きたくなったのか。誰でも、すいている道では走りたくなるものだ。た…

続きを読むread more

XYZ

 お世話になっているマッサージ師のTさんとは、冗談がよく通じ合う。マッサージしてもらいながら世間話や政治の話に花が咲く。時には他人が聞けばあほらしいようなことも。  Tさんが、「私はもうだめだと思いました」といきなり言った。「先日往診に出かけたんですが、帰ってきて靴箱に靴をしまおうとしたら靴が片方ないのです。靴箱を見たらそれがあった。…

続きを読むread more

医者のたらいまわり

「たらい回し」の間違いではない。  3ヶ月ほど前から頬の内側、すなわち口の中、えくぼ(ができれば)の内側あたりがちくちくする。歯医者に定期検診に行った時に診てもらった。X線まで撮って、異常なし。痛かったら飲めと痛み止めの薬をくれた。1錠も使わずに捨てた。直らないので外科へ行ったついでに診てもらった。口腔外科の範疇だ、食べているときに噛…

続きを読むread more

教員採用試験

 幾つかの県で今日は教員採用試験の日。受験生の健闘を励ますビラを試験会場の門前で配った。会場は中川商業高校。商業高校だから女性の受験者が多いというのはまったくの偶然で、養護教諭か家庭科の教員か女子体育の教員かの試験会場だろう。男子も数人いたが全体の1%ぐらいだろうか。  ビラに手を出さない受験生が多かった。「暑いですががんばってくださ…

続きを読むread more

通夜

 Iさんが亡くなった。63才。若すぎる。教員仲間だった。サークルで一緒に語り合った。  10年ほど前に乳ガンが見つかった。手術した。うまくいった。退職前にもう一方にまたガンが見つかった。治療するために休職。そのまま退職を迎えた。その後は文化活動、とりわけ合唱には力を入れていた。「食アドバイザー上級」の資格も取り自らも食生活改善に取り組…

続きを読むread more

郵便局で

 郵便局の窓口にいる女性が「暑中見舞いを書きませんか。はがきを買ってください」と言う。  暑中見舞いは書いたことがない。来た暑中見舞いには普通はがきで返事を書くかメールをするか電話する。「一枚でもいい」と女性は言う。いつも何かと便宜をはからってくれる人だからやれることはしてあげたいが無駄づかいはしたくない。  「じゃ、年賀状の時には…

続きを読むread more

お宮掃除

 我が町内には「お宮掃除」という行事がある。私が物覚えのついた頃からあった。戦前は戦勝祈念の行事だったかもしれない。今は文字通りお宮の境内を掃除するのが目的。毎年海の日に行われる。海の日がなかった頃は7月の第4土曜日頃だったと思う。  今日はその日。8時から約1時間境内の草取りや落ち葉掃き、茂った枝払い、等をする。10の組がある。その…

続きを読むread more

あいさつ

 旦那寺の盆の行事の案内で檀家を回った。住職の三男(次の住職)が寺報を作った。それを届け、「法燈護持のため…懇志」をもらうのが目的。伺った家での対応や道で会った人との挨拶が面白い。  寺報を見て、「大きくなった!」。いままでは、形式的な行事案内だけだったが「住職雑感」「これって仏教語なの?」「各種案内」などがB4版二つ折りに14ポイン…

続きを読むread more

愛知民教連ニュース

 昨日の続き。どこかへ行ってしまった愛知民教連ニュースの3頁分を午前中に編集し直して印刷担当者へ送った。同時に、そのまま版下として使ってもらえるようにそれを印刷した。今夜、愛知民教連の事務局会議があった。早めに会場に着いたので、その版下を見直していたら2、3のミスに気付いた。印刷担当者は、私が送ったメールに貼付した版下を見直して印刷する…

続きを読むread more

せっかく完成したのに

 愛知民教連ニュースの編集をしている。イヤ、今朝し終わった。保存するファイルを間違えて本来のファイルに「移動」した。それに失敗した。移動先に見あたらない。どこをどうやってさがしても見あたらない。「移動」ではなく「削除」したのだろうか。ゴミ箱をさがしてもない。こんなことってあるのだろうか。「移動」ではなく、「コピー」すればよかった。  …

続きを読むread more

チラシまき

 とにかく暑かった。夜になっても暑い。今でも戸外は暑い。そんな中、9時半から2時間ほどチラシをまいた。日ごろフェイスブックで「いいね」をクリックし合っている人たちを当選させたいと思って老骨にむち打ってがんばった。しかし、無理はできない。途中で左足のふくらはぎあたりが痛くなった。どこかで休もうと思っても適当な場所がない。無理をして一軒ずつ…

続きを読むread more

二重香典

 6月25日に書いた「大失態」の続編になるかもしれない。  亡くなったHさんの婿さんが会葬のお礼に来られた。そして、香典袋を出された。香典は受け取らないので返すと言われるのかと思った。が、「老人クラブさんからふたつも香典をいただきましたので一つをお返しに来ました」と言われる。   通夜の日も葬儀式の日も私はどうしても避けることの出来…

続きを読むread more

帯状疱疹?…ではなかった

 自分では見えないが左脇腹の少し上がかゆい。触れてみると湿疹のようだ。妻がそれを見て、帯状疱疹ではないかと言う。周囲で帯状疱疹にかかった人が1人ならずいたから心配したのだろう。   13、4年前、私は帯状疱疹にかかった。出雲地方に旅行するために乗り物もホテルも予約したあった。医者に診てもらい帯状疱疹との診断を受けた。日常生活にはなんの…

続きを読むread more

大失態

  YさんとSさんがKさん宅から出てきた(と私は思った)。歩いていた私をYさんが呼び止めて「**さんのお母さんが亡くなった」と言った。Kさんの90近い両親は老人ホームに入って長い。だから私は「**さん」をてっきり「Kさん」と思ってしまった。確かめればよかった、と今は思っている。老人クラブとしてしかるべきことをしなければならない。さっそく…

続きを読むread more

憲法と教育

 「憲法と教育を語ろう~未来をひらく愛知教育のつどいin名古屋~」という集会が名古屋教育館で行われ、名大教授の愛敬浩二さんが「『安倍改憲』のどこが問題か、なぜ問題か」という題で講演をした。  愛敬さんは、安倍首相が言っている96条改憲論を批判するとともに自民党の改憲案の幾つかの条文についても批判した。高校の教科書に執筆した経験から、検…

続きを読むread more

もの忘れ

 学区の老人クラブ連合会長から相談があるというので彼の車で喫茶店へ行った。喫茶店の入り口へ着いた時に携帯電話が鳴った。「今日九条の会の学習会があるが…」。しまった、忘れていた。今日は第4土曜日だ。先日連合会長から電話があった時には、ずーっとつまっているが土曜の午前中ならなんとか都合がつけられる、と答えた。が、何か忘れ物をしているようなし…

続きを読むread more

市民検診

 市民検診を受けた。心電図は、どこか異常があるらしく看護師がもう一度、と測り直した。不整脈の一種で「ジョミャク」というそうで、3拍に1拍が「せまい」(次までの脈拍が短い)。不整脈ではあるが、それが規則正しく表示されている。心配ないそうだ。胸のX線は「きれいです」。血圧は下が40、上が104。測り間違いではないか。低すぎる。身長159,体…

続きを読むread more

エレベーター

 時々お邪魔する高層住宅のエレベーターの改修工事が行われた。外からは見えない大事な部分を主に直したのだろう。びっくりしたのはドアの開閉ボタンが階のボタンの下に変わったことだ。それまでは、一番上に非情を知らせるボタン、その下にドア開閉ボタン、そして階を表示するボタンの順でつけられていた。それが、改修工事後は開閉ボタンが一番下に来た。それだ…

続きを読むread more

映画「はじまりのみち」

 木下恵介生誕100年記念映画。木下の戦中の作品「陸軍」の最後の場面が戦意をあおるものでなく逆の効果をもたらすという理由で陸軍から上映を禁止されたことから映画は始まる。木下はそれに反発し会社を辞め故郷に帰る。病気の母とともに疎開するがそこで「陸軍」の評価を聞いたり、病身の母親から励まされ会社に戻り監督としての再起をするという内容のもの。…

続きを読むread more

腹部エコー

 今月に入って3回目の腹部エコーの検査をした。どこが悪いというわけではない。医者が私の身体に関心を持って調べたがっているようだ。3回とも別の医者だが。  5日。協立総合病院のレインボークリニックで、胃カメラのついでに。この医者はいつも胃カメラだけではなくエコーの検査もする。誰にでもだ。もちろんいやなら断ればいいが検査にそんなに時間がか…

続きを読むread more

美術展

 「Monzenギャラリー 初夏展」を観た。佐田保さんの風景画展を今日までやっていた。佐田さんは元名古屋市の小学校の教員。定年前に退職して妻の実家のある富山県婦負郡細入村(今は富山市楡原)に移り住んだ。「細入村の気ままな旅人」と自らを呼び、その名の通り全国を気ままに旅をしている。そこで出会った風景の水彩画を展示していた。彼は美術を専攻し…

続きを読むread more

梅雨

 我が家の地域では夕方から雨が強くなった。カラカラに乾いた畑にとっては恵みの雨だ。一昨日も強い雨が降った。今日も一昨日も短時間だから「恵みの雨」にはほど遠いかもしれない。それでも畑や庭に散水しなくていいから助かる。本来ならまだ梅雨が明けないからもっと降って当たり前だが今年は空梅雨でなかなか降らない。今日だって1時間も降っていない。私は、…

続きを読むread more

子ども見守り隊

 学区の老人クラブではほぼ毎日どこかのクラブが町内をパトロールしている。各クラブには月に2回割り当てられている。我がクラブでは一回を男性もう一回を女性が行うことにしている。昨日は男性7人が参加して実施した。  黄色いジャンパー或いはベスト、黄色い帽子、「子ども見守り隊」と書いたタスキの3点セットを身につけて町内の一部だけだが歩く。3点…

続きを読むread more

平和行進が岐阜へ

 東京から広島・長崎へ歩く平和行進は5月31日に愛知入りし、6月11日に岐阜へバトンタッチした。この間、「あいち平和行進実行委員会」は毎日「あいち平和行進 あるく」を発行した。12日の№12が最終号となった。10日発行の№10は前日に行われた名古屋市内集中行進について詳しく報告している。名古屋市内14コースの様子が書いてあるがその中の、…

続きを読むread more