テーマ:見晴台学園

見晴台学園

 見晴台学園の「発達障がい実践セミナー」が行われた。今日は2日目で、1月31日にも行われた。学園から2本、大学から学生と教官から1本ずつ、それにるっくコーポレーションから2本のレポートが報告された。ルックコーポレーションは「学園の高等部本科・専攻科の就労と生活を支援していくため」の施設。  大学のレポートはサブティーチャーをしている教…

続きを読むread more

見晴台学園、そして無料塾

 見晴台学園の「第Ⅱ期発達障がい実践セミナー」が開催された。昨年8月に滋賀県で行われた全国障害者問題研究会」(全障研)が初日の全体会は行われたが、2日目の分科会は台風の接近で中止になった。そこで発表する予定だった実践報告を眠らせるのはもったいない、みんなに聞いてもらおう、ということになった。それが「実践セミナー」として行われた。2月14…

続きを読むread more

忘年会

 見晴台学園大学の忘年会があった。楽しい忘年会だった。これから幾つかの忘年会があるが、これほど楽しい会はないかも知れない。教職員だけでなく学生も参加する。これが見晴台学園大学の特徴である。学生も学園を運営する一員という考えで、忘年会も一緒にやる。他の忘年会は同じような年代の人と行うことが多いから、話題も限られてくる。若い人一緒なのは実に…

続きを読むread more

障がい児教育

 見晴台学園と見晴台学園大学の共催で「発達障がい実践セミナー」の第3回が行われた。今回のテーマは「発達障がい児の高校教育~教育年限延長と専攻科」。午前は、見晴台学園高等部専攻科担当の加藤さんが報告した。1年生7人と2年生3人の様子と体験学習について報告した。夏に、ぶどうの袋がけ作業をした。そのときの個々の生徒の動きや成長が報告の主な内容…

続きを読むread more

全障研大会

 大津で行われる全障研大会に初めて参加することになった。見晴台学園大学で教えている関係で、学生も教員も参加するので一緒することにした。どう聞き間違えたのか今日前泊して明日からの大会に臨むと思い込んでいた。大津だから前泊するほどのこともないと思っていたがやっぱり思い違いだった。そのことが分かったのが家を出ようとしていたときだ。玄関を出よう…

続きを読むread more

見晴台学園大学

 集団的自衛権の話をした。その前に憲法を変えるにはということで九十六条の解説をした。安倍政権は「改正」のハードルを低くしようとしたが世論の反対でそれを引っ込めて解釈改憲というてを考えた。しかし、これもまともな議論をしていたらすんなりと決まらない。で、閣議決定という手段に出た。いろいろなたとえ話をしながら話した。解釈改憲の説明では、7月3…

続きを読むread more

セミナー

 「発達障がい実践セミナー」があった。主催は見晴台学園と見晴台学園大学。学園と大学の教職員の研修が目的だが、外部にも公開してのセミナーで3回開催予定のうち今日が第一回目。午前は今年採用された男性教師と昨年採用の女性教師による実践報告があった。午後は三年目の女性教師と学園長の報告があった。若い教師が自分の立派な実践を堂々と発表している姿に…

続きを読むread more

見晴台学園大学

 見晴台学園大学2期生の入試面接があった。2人の見晴台学園高等部専攻科卒業予定者と3年(?)前に卒業し県立高校の定時制を出た1人が受験した。面接はひとり30分で、現在在学している学生の授業に参加した際の感想文、大学進学目的、将来の希望などを4人の審査員が尋ねる。学長、学園長、運営委員で現在の学生の母親それに私が審査員。学生は真剣に精一杯…

続きを読むread more

障がい児教育

 発達障がい実践研究会の二日目。実践報告と記念講演。実践報告は見晴台学園の教員がNくんの成長をパワーポイントを使って報告した。「俺はどうせできない」「やってもしようがない」など投げやりn態度が目立ったNくんが先生や周りの援助により上級の科へ進むためにがんばり始めたという内容だった。  昨日の分科会での報告でもそうだが少人数、指導要領に…

続きを読むread more

障がい児教育

 「第10回記念 全国発達障がい実践研究集会」が愛知県立大学で開催された。午前中の全体会ではオープニング企画として見晴台学園の生徒たちの楽器演奏と一昨年から始まった東海道を完歩する取り組みが生徒たちによってが報告された。一昨年は日本橋から小田原まで、昨年は小田原から箱根を超えて三島まで。スライドを使っての説明。今年は参加してみようと思っ…

続きを読むread more

見晴台祭り

 見晴台学園の文化祭、見晴台祭りが学園裏の公園で行われた。台風の接近でどうなることかと心配していたが昨日の準備も今日の本番も何の心配なくやれた。  10時15分に生徒全員によるよさこいソーランで開始。11時からはバザーなども開店した。一昨年よりも見に来ている人が多かった。多くは保護者や学園の関係者だろうが近所の人達も何人かは来ていたこ…

続きを読むread more

見晴台学園大学

 見晴台学園は学習障がい児が学ぶ学園。学習障がい児は知能指数はほかのこと変わらない。それ以上の子もいる。しかし、なにかの分野で他の子より劣る場合がある。例えば、識字障がいの子は記憶力は抜群だが字が書けない。あることにこだわりが強い。学力にバランスがとれていないので学校の成績は概して悪い。高校入試では不利だ。といって、全くできないわけでは…

続きを読むread more