ゆったりとした数日

 自粛生活を無理にしたわけではない。が、先週後半から今週前半は割と暇な日が続いた。土曜は山口蓬春展を観てから映画「ブータン 夏の学校」を見た月曜は内科の診察。火、水曜日は文字通り家にいた。昨年度までは、特に10月までは見晴台学園大学の授業があったが今年はないのでその分ゆったりできる。木曜日は第5木曜と昭和の日が重なり赤旗文化セミナーは休…

続きを読むread more

国民の祝日

 1974年から10年間勤務した中学校で一緒だった校長の一人は、全校集会などでの話で生徒たちに説教じみたことは言わなかった。ある時、国民の祝日の中に「○○の日」と「の」の付く日と付かないい。1月1日の「元日」、2月23日の「天皇誕生日」それに5月3日の「憲法記念日」だ。当時「天皇誕生日」は4月29日だった。この3日は他の日に変わることは…

続きを読むread more

コロナ禍最悪

 緊急事態宣言が東京、大阪、京都、兵庫に出され、まん延防止法も何県かに出されている。過去最悪のコロナ禍だ。しかし、人出は減っていない。今までも宣言や防止法が出されても何とかやり過ごすことができた、とい慢心が国民の間のあるのではないか。だらだらとこんな状態が続けば宣言も防止法もただのお願いに終わってしまう。状況はますます悪くなる。政府のや…

続きを読むread more

店がまた一つなくなった

 わが町には南北約1キロの自動車がやっとすれ違える主要道路がある。1970年代まではこの道の両側には、百貨店を平面に並べたようにいろいろな店が並んでいた。八百屋、肉屋、魚屋、米屋、酒屋、駄菓子屋、和菓子屋、雑貨店、自転車屋、床屋、豆腐製造の店、薬屋・薬局、新聞販売店、喫茶店、等々。それが1軒、2軒、と廃業していった。大型専門店などに客を…

続きを読むread more

二兎を追う者は・・・

 コロナは終息させなければならない。オリンピックは成功させなければならない。総選挙に勝たなければならない。総裁選では再選されなければならない。あれもこれもやらなければならないので菅さんの頭の中は混乱しているのではないだろうか。IOCに大きな影響力のある人が菅さんの周りにいるならバッハ会長にオリンピックの中止を提案してくれるだろう。派閥を…

続きを読むread more

名古屋市長選挙

 名古屋市長に河村さんが選ばれた。庶民的に見える立ち居振る舞いが人気を呼んで票につながったのだろうか。横井さんには共産党までが自主的な支援をしたが「減税」以外の党の日ごろの支持者は棄権あるいは河村支持に回った。多数の政党が推しているということで、それぞれの党が安心してふだんの力を発揮しなかったのではないか。議会では、少数与党ということに…

続きを読むread more

展覧会と映画

 「不要不急の用事で外出する」とは?そんなものないのでは。サラリーマンが職場に行くことは不要、不急ではない。犬を散歩せるのも不要、不急ではない。今でなければできないこと以外は不急だと言われれば、救急などの特別なことを除けばすべての行いが不急だ。とすると、我々はほとんど何もできなくなる。家にこもることしかできない。  展覧会を見ることや…

続きを読むread more

東京オリンピックを返上したらどうか

 菅さんは緊急事態宣言を出してもまだオリンピックには固執している。何か圧力があるのだろうか。オリンピックよりコロナを終息させるのが一国のリーダーの役目だ。今では、コロナ禍とオリンピック開催は相反するもの。両方を成功させることはできない。この際、きっぱりとオリンピックは中止します、と断言すべきだ。そうすれば、菅さんや日本政府のやる気を受け…

続きを読むread more

衣更え

 昨日今日は暖かいを通り越して暑い。半そでの人が目立つ。上着なしで歩いている人もいる。日傘の人もいる。しかし、ほとんどの中高生は冬の制服で通学している。服装を中心に校則が見直されいる。制服は夏と冬だけでなくその中間があってもいいし、生徒の体調などに任せてどちらでもいいことにしたらどうか。昨今はジェンダーフリーで女子はスカ―トだけではなく…

続きを読むread more

ワクチン接種

 コロナウィルスのワクチン接種の案内が来た。そこに載っているところへ何回電話しても話し中。メールもうまくつながらない。予想していた通りだ。数日したら通じるだろうと思って今日のところはあきらめた。ところが、隣の人が支所で申し込んできた、と言った。案内を読んだだけではよくわからないので支所へ聞きに行ったらそこで受けつてもらえた、とのこと。早…

続きを読むread more

予防接種

 新型コロナワクチン接種のお知らせが届いた。医療機関又は接種会場は自分で探さねばならない。そして、予診票を記入して持っていく。私の場合、接種順位は2番めの65歳以上にあたる。さらに基礎疾患の糖尿病の治療をしている。これは優先順位の上の方だ。しかし、予診票に「その病気を診てもらっている医師に今日の予防接種を受けてよいと言われましたか」とい…

続きを読むread more

積極的な女性

 妻が、着なくなった和服を洋服に仕立て直すリフォームの教室を開いている。教室に来る人はうわさを聞いてとか、誘われて、という人が多い。中に、どこかで珍しいデザインの服を着ている人に、それはどこで手に入れたのかを聞き、リフォーム教室で作ったと知り我が家へ訪ねてきて生徒になる人も少なからずいる。美しいものや珍しいものへの興味関心は女性の方が高…

続きを読むread more

あと100日。本当にやれるか、オリンピック

 オリンピックは迫ってくるがコロナは衰えるそぶりも見せない。関係者はやきもきしているだろう。とうとう自民党の二階さんまでが、あまり無理をしない方がいいというようなことを言ったそうだ。本当はオリンピック担当大臣も東京都知事もさらに首相も同じように考えているのではないか。誰かが、もうあきらめましょうと言い出すのを待っているように思える。その…

続きを読むread more

高価な本

 妻とその仲間の養護教諭が45年ほど前に「養護教諭の目」という題で、朝日新聞に週1回、1年間実践を連載した。それをまとめたものが「子どもの健康と教育 養護教諭の目」という本になって鳩の森書房から出版された。出版社は今はなく絶版になった。それが日の目を見るようになった。  美術家集団「グループ8月」が展覧会を開いた。その時にかつてこのグ…

続きを読むread more

バイデンとの会談

 菅さんがバイデン大統領と会談のためワシントンへ行っている。バイデンは大統領就任後初めて対面での会談に菅さんを選んだ、とニュースではさかんに報道している。いかにも菅さんが力を持っていて大統領がそれにすがるためにワシントンへ招いた、と言わんばかりだ。だとしたら、向こうから出向くはずだ。日本に「無理難題を要求する」のがバイデンの本音だろう。…

続きを読むread more

教え子の展覧会

 名古屋市民ギャラリー栄でステンドグラス・トールペイント教室の作品展を18日までやっている。この教室の主宰者から案内状が来た。主宰者は40年ぐらい前にた担任した生徒だ。今まで数回案内状が来て観に行ったが今日初めて本人と会うことができた。多少手を焼いた子だった。彼女がどのような経過で技術を身に着け教室を開き、教えるようになったのかを詳しく…

続きを読むread more

補助金申請

 名古屋市の老人クラブへの助成金の申請をした。申請書のチェックは簡単に済んで、補助金41,520円が届くのを待つだけ。これだけもらうのに、面倒な書類を書かねばならない。出来てしまえば何でもないことだがそこへ行くまでにひと苦労。41,520円の全部使いこなさねばならない。一円の残金も不足も許されない。使い残しがあると当然返金し来年からは補…

続きを読むread more

放射能汚染水を海に流す!

 東京電力の原子力発電所にたまっている放射能汚染水を海に流すことを政府は決めた。漁業関係者や東北地方の人が反発するのは当然だ。プラスチックごみを食べた魚を食べる我々が、自分が捨てがプラスチックで健康被害にあう。その上今度は放射線だ。イタイイタイ病や水俣病の教訓は全く生かされていない。孫世代の日本人の健康被害が思いやられる。  東日本大…

続きを読むread more

名古屋市長選

 名古屋市長選の運動が始まった。朝、近鉄戸田駅で立候補している元名古屋市議会議長のチラシを配った。受け取りが悪い。前にも何回か他のチラシを配ったことはあるがこんなに悪くはなかった。多くの人が片手にカバン片手にスマホをもって、チラシを受け取る手はもうない、とばかりに通り過ぎる。スマホを持っていない人は片手を上げて「いらない」という態度。3…

続きを読むread more

年は取っても・・・

 妻のところへ洋裁を習いに来ている人は50歳から70歳前半の人がほとんどだ。その中で、最近転居してきたHさんは1935年生まれで人生の大先輩。至って元気がいい。好奇心旺盛だ。暇に任せて誘われたことは何でもやってみようという精神でのぞむ。老人クラブのふれあい広場には人より早く来ている。わが老人クラブの総会と物故者追悼法要を5月に行うが、案…

続きを読むread more

見晴台学園大学・入学式

 新入生は3人。遠く大阪から2人が来る。もちろん下宿するのだが,2人とも男性でうまくやれるだろうか。今年卒業した中に、やはり大阪出身の男性がいた。彼ができたから、2人もきっとうまくやるだろう。  見晴台学園大学らしい、こじんまりとしたしかし心のこもった式が行われた。学長や来賓のあいさつはどこも同じだが、先輩たちの歓迎のベルの演奏やパワ…

続きを読むread more

一人でも多くオリンピックに

 池江里佳子選手の驚異的な復帰と記録は素晴らしい。オリンピック選手選考のレースでバタフライや自由形で優勝してオリンピックの選手に選ばれ。二つ以上の種目に選ばれた選手は他にもいる。そこへ至るまでの努力に頭が下がる。しかし、オリンピックの精神からすれば、1人一種目に限ったほうがいい。記録を競うだけなら一人の選手が何種目に選ばれてもいい。しか…

続きを読むread more

戦争資料館

 「愛知・名古屋戦争に関する資料館」へ行った。愛知県庁の大津橋分室にある。隣が自民党愛知本部というのは偶然だろうが何か勘ぐってしまう。学校の教室一室分くらいの広さの小さな資料館だ。だから、期待するほどのものは陳列されていない。すべてをじっくりと見て説明を読んでもそんなに時間はかからない。ピースあいちや他での展示で見たと同じ様なものばかり…

続きを読むread more

町内散策

 老人クラブの新聞を配達担当の役員さんたちに届ける。狭い地域だが楽しい経験をすることがある。若いお母さんが2歳くらいの女の子を歩かせていた。子どもは、母親の持っているカバンが持ちたいらしい。「重いよ」と持たせた。子どもはそれを持って嬉しそうにヨチヨチ歩きだした。見ていてハラハラする。追い抜きざまに「おじさんのカバンも持ってくれる」と言っ…

続きを読むread more

聖火リレー再び

 あえてまた書く。昨日の聖火リレーで、名古屋は盛り上がった。というと素晴らしい成果があったかのようだが逆だ。人が集まりすぎて警官の交通整理も逆効果だった。丸川オリンピック担当大臣は何とかしなければと発言した。もともと、蜜になるようだったら中止するとも実行委員会は言っていた。しかし、その場になって人が集まりすぎているので中止します、と言っ…

続きを読むread more

聖火リレー

 2020東京オリンピックの聖火リレーが愛知へ入った。今日と明日で県内の主な地域を回る。ケチをつけるつもりではないが、聖火が東京へ着いても本当に聖火台に点火できるのだろうか。コロナとの闘いだ。大阪は特に大阪市内のコースをやめると言っている。各地でこれから何かと問題が出てくるのではないか。オリンピックの開催が危ぶまれている。政府や実行委員…

続きを読むread more

今学校で

 あいち県民教育研究所の所員会議がオンラインで行われた。学校や子どもの状況が参加者から最初に報告された。驚いたのは、どこのかは聞かなかったがある中学校で、生徒間に1軍(群)、2軍、3軍のランク付けがあり、1軍が一番力を持っていて子どもの間を取り仕切っている、とのこと。やくざの世界ではないか。さらに驚いたことに、先生の指導を受け入れない生…

続きを読むread more

老人クラブ運営補助金

 ここ数日は、名古屋市に老人クラブ運営補助金の申請するための書類づくりに多くの時間を使っている。毎年、申請書よりも報告書の方に神経をとがらす。補助金と同額を支出しなければならない。それ以上の場合は自己負担。わがクラブは幸い自治会から市よりも少しだけ多い額のの補助があるから何とかやっていける。自治会の補助については使途の報告をしなくてもい…

続きを読むread more

暖かくなった

 暖かいというより、暑いと言った方がいいのか。ここ2,3日はよく晴れて気温が上がった。家の中にいるとそうでもないが外へ出て歩くと暑く感じる。半そでの人や日傘をさしている人もいる。市バスに乗ったら冷房してあった。このまま夏になるのだろうか。  心配なのはコロナだ。去年の今頃は、3蜜を守り外出をひかえていたらウィルスもそのうちに消える、と…

続きを読むread more

芸術の季節

 4月に入ると展覧会などの案内がどっと増える。プロだけでなく趣味で絵を描いている団体からも。院展、山口蓬春展など著名な作家が出品している展覧会や個展など。院展と山口蓬春展の切符は手に入れた。嬉しいのは卒業生が指導している手芸教室の作品展。この生徒にはいささかてこずった。今になって思えば、あまえて多少度が外れた態度をとっていたのだろう。何…

続きを読むread more