戦争資料館

 「愛知・名古屋戦争に関する資料館」へ行った。愛知県庁の大津橋分室にある。隣が自民党愛知本部というのは偶然だろうが何か勘ぐってしまう。学校の教室一室分くらいの広さの小さな資料館だ。だから、期待するほどのものは陳列されていない。すべてをじっくりと見て説明を読んでもそんなに時間はかからない。ピースあいちや他での展示で見たと同じ様なものばかりで目新しいものはないが、こういうものをはじめてみた人には良い刺激になるだろう。今後充実することを願う。そのためには、県と名古屋市が予算をしっかりつけなければならない。
 子どもが戦争を考えるにはいいかもしれない。しかし、一クラスの生徒が全員入るには狭すぎる。子ども用に説明文にかながふってあるが一般用の説明にかながふってあるだけだ。子ども用に分かりやすい別の文を用意すべきだ。その上、小さなか子どもは背伸びをしないと読めないような位置にその説明文が掲示してある展示もある。最近の子どもは体格がいいから、ということなのか。大人も子どもも入館料は無料。10時から4時まで開館している。月、火曜日が休館。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

大吟醸
2021年04月09日 11:40
橋田寿賀子女史 戦争をやらず平和を維持する事は 戦争で勝つ事より難しい。