核のゴミ

 度々書いてきたが、また核のゴミの処理が心配になった。今日の夕刊で宮城県の村井知事が東北電力女川原子力発電所2号機の再稼働に同意する意向、と出ている。知事は、原子力発電所の再稼働を認めると同時に、核のゴミをどう処理するのかを考えたのだろうか。東日本大震災で原発やそこから出る核のゴミが問題になりだした。震災のあるなしにかかわらず、原発が稼働する限りは核のゴミは出る。それをどうするかを村井知事は考えたのだろうか。今でも電力は足りている。それなのにあえて原発の再稼働とは、どう考えても合点がいかない。村井さんが得をする何かがあるのだろうか、と勘繰りたくなる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

大吟醸
2020年10月15日 12:46
北海道を 無料の片側一車線の高速道路を 税金突入でバンバン作り JRが減便 北海道現職知事自助努力を 民営化したのは御上 でも 選挙で選んだのは国民 少子高齢化で車も運転できず若者は出て行く また 核の廃棄物を20億円頂いてOKした首長 これでは 人口減少は当たり前でしょうね