「破局」を読む

 芥川賞が発表されるとしばらくして文藝春秋に受賞作品が載る。毎回、雑誌が発行されるのを待って買って読む。今回の受賞作品は2作だ。9月号が発売されたらすぐに買ってまず高山羽根子の「首里の馬」を読んだ。ときどき考え込まねばならない箇所もあった。読み終わるのに時間がかかった。それから1か月後に遠野遥の「破局」を読んだ。これはすぐに読めた。 …

続きを読むread more