見晴台学園大学・平和と社会14

 実質最終講義。「今日は何の日」では世界史上大事な二つの出来事をサブティーチャーが紹介した。自身でも用意していたことだった。  関東大震災の日。1923年に10万人もの人が亡くなった。その後、伊勢湾台風の翌年の1960年に防災の日が制定された。  第2次世界大戦勃発の日。1939年にヒトラーがポーランドに攻め込んで大戦は始まった。そ…

続きを読むread more