育鵬社の教科書採択されず

 名古屋市教委は来年度から4年間使われる中学校の教科書のうち歴史と公民だけは採択会議の決定が今日の審議まで伸びていました。結果は、私が希望したように、育鵬社の教科書は不採択になり、歴史は教育出版の教科書、公民は東京書籍の教科書に決まりました。
 戦争を肯定するような記述、天皇賛美の記述など時代錯誤も甚だしい育鵬社の教科書は今まで採用していた横浜市や藤沢市が不採択を決定していました。この勢いで名古屋も、と考えましたが採択会議の委員の中に育鵬社の教科書を推す委員が人もいて委員長も最終的にはそちらに傾く、というかんそくが流れました。育鵬社の教科書だけは子どもたちに渡したくない、と思っている人たちは署名や意見書、ファックス、、メールなどで名古屋市教委に育鵬社を採用しないで、と意見表明をしました。この力が大きく影響したと思います。自分の意に反することが決められようとするときに、黙っていてはいけないということを今回改めて確信しました。しかし、まだまだ不合理なことは多くあります。今回の決定を受け、少しでも正義が通るように運動をしていきたいと思いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント