又、新型肺炎

 感染経路のわからない患者が増えているように思える。中国はおろか、外国への渡航歴がない、患者との濃厚接触もない、それなのに医者では新型肺炎と診断された、という例が多い。
 熱があるので近くの医者に診てもらったら何ともない、と言われた。それでも直らないので別の医者へ行ったが同じような診断。だんだん苦しくなって救急搬送された病院で新型肺炎とわかった、という例が目につく。
 失礼を承知で言えば、何人かの医者は新型肺炎についてはあまり知識が無く、インフルエンザと誤診しているのではないだろうか。インフルエンザ用の注射や薬を処方しても直らない。こういう例が多くあり、重症の人は救急搬送され隔離されるが軽い人はそのままふだん通りの生活をしている。ウィルスをまき散らかす。こんなことが、新型肺炎の流行を助長しているのかもしれない。素人判断で申し訳ない。
 報道で気になることがある。新しい患者については大きく報道するが、新型肺炎と診断された人の中にはその後の治療で回復した人もいるのではないか。その人たちのことは、完治していなくても改善した人のことについての報道がない。このようにしていたら良くなった、ということが聞こえたら、患者や私を含め、感染を心配している人への励ましになるはずだ。直った人についても知らせてほしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

大吟醸
2020年02月15日 21:51
大吟醸
2020年02月15日 21:52
湿度が高くなると 収まると言われているが、、、