イランの報復

 イランが、革命防衛隊の司令官がアメリカ軍に殺された仕返しとして隣国イラクにある米軍基地に弾道ミサイルを発射した、というニュースが大きく報道されている。イランにとってみれば当然の対処かもしれないが、これに対しアメリカが又何かをしでかすと戦争が勃発しかねない。何とか話しあいができないものか。国連が中に入ってうまく収められるといいが。
 イラクはいい迷惑だ。アメリカ軍の基地があるために攻撃を受けた。アメリカ軍の基地に被害が出ただけならいいがイラクの人々や生活の場が被害を受けることがあればたいへんだ。我が国にも沖縄をはじめ全国各地にアメリカの基地がある。イランがこれを攻撃しないとも限らない。アメリカの基地は一刻も早く日本から撤退してもらわねばならない。
 こんな時、トランプの忠臣安倍がうまく仲を取り持つといいがそれは無い物ねだりだろう。安倍にはできない。トランプから一喝されてしっぽを巻いて退くだけだろう。
 その安倍が11日から予定していた中東三カ国への訪問を延期することにした。だったら、海上自衛隊の中東派遣もやめにすべきだ。自分だけがアメリカとイランのごたごたに巻き込まれることを回避しておいて海上自衛隊には任務を遂行せよとは勝手すぎる。
 イランとアメリカの報復合戦がこれ以上大きくならないことを祈る。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント