秋の東濃 中津川を訪ねるたび

 愛知年金者組合女性部企画の一日バス旅行に参加した。
 「熊谷守一 つけち記念館」で熊谷の作品をじっくり鑑賞できた。今までいくつかの作品を見たことはあるが多くの作品をていねいにしかも解説付きで見たのは初めて。彼の作品に見られる赤い輪郭やクマガイモリカズの署名が晩年の作品に多いことの理由がわかった。彼が文化勲章を辞退したことも知った。
 続いて地歌舞伎の常磐座を見学した。東濃は地歌舞伎が盛んでそれが演じられる芝居小屋が6箇所もあることを知った。役者として舞台にも立つ人たちが常磐座のことを詳しく説明してくれた。小学生から80を超える素人役者が舞台に立って演じることやそれを日本各地から見に来る人が多いことを聞いた。さらに、舞台に上げてもらって歌舞伎衣装の試着や回り舞台の経験もした。奈落にも降りて回り舞台を下から回す経験もした。さじきで昼食をとった。これが又量が多くて内容豊富なわりご弁当で腹いっぱいになった。
 苗木城跡へも行った。麓の遠山資料館で城にまつわる資料の説明を聞き、城へ登った。ガイドさんが所々で説明をしてくれた。一気に城へ登るよりも休む時間があったので楽だった。文字通り雲ひとつない快晴だったので天守閣(のあった所)から見る四方の景色はすばらしかった。日本百名城から見る100名山の恵那山をはじめとする山々の景色はすばらしかった。
 どの見学地にも学芸員やボランティアガイドがていねいに説明してくれてよくわかった。
 女性部企画ということで48人に参加者中男子は2人だけ。去年は1人だけだった。この催しは興味のあるところへ連れて行ってくれて毎年楽しみにしている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント