内政干渉

 トランプ政権が「香港人権・民主主義法案」を可決した。中国は怒り心頭。中国にひいきをするわけではないが、この法案ばかりは中国に賛成する。香港の人たちの中国への反発にはうなずけることが多い。しかし、一国家が法案まで作って支援することだろうか。世界には、香港の人たちと同様な運動をしている人たちいる。それへのアメリカの態度はどうか。場当たり主義と思う。
 我が国に対してはどうか。アメリカは、沖縄へ土足で上がり込み、やりたい放題をやっている。米軍基地のある他の地域でも同じだ。中国が香港に対してやろうとしていることをアメリカは日本に、特に沖縄にしてきている。自分に有利になることなら他の立場を無視して突き進む。アメリカは恐ろしい国だ。というよりトランプは恐ろしい大統領だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

大吟醸
2019年11月30日 10:36
時代に ほんろうされた香港 訳アリの方が多く住むから そこが 香港の魅力であり 力なんでしょう。