漢字の間違い

 ある民主診療所の待合室に医師の紹介文が掲げてある。専攻:循環器系とか、糖尿病などと書くつもりだろうが、「専攻」ではなく「専政」と書いてある。曜日によって医者が代わるので7人の医者の紹介がしてあるが、一人だけは「専攻」で、他は「専政」。普通に「センコウ」と文字入力をしたら「専攻」と出るだろう。どうしたら「専政」となるのだろうか。言葉でな…

続きを読むread more

非常勤講師

 名古屋市の(全国どこでかもしれない?)小中学校に勤める非常勤講師は過酷な労働条件の下で働いている。約束の時間をはるかに超える仕事をしている。市教委は「非常勤講師の残業はそもそも想定をしておらず、時間内に仕事終えるよう指導している」と言っているそうだが、現場の実情を知らなさすぎる。授業をするだけならいいが、非常勤でもノート点検、試験の採…

続きを読むread more

老人クラブの旅行

 28日と29日、中川区老人クラブ連合会の研修旅行に参加した。上諏訪温泉に泊まった。数年前までは、この旅行には100人ぐらいの人が参加し、バス3台で出かけた。しかし今年は87名が参加し、2台で行った。「老人は増えているのに老人会に参加する人は減っている。単位クラブも減っている」と名古屋市の老人クラブ連合会の会長は嘆く。研修旅行という名目…

続きを読むread more

多忙化

 教員の職場は多忙を極めている。それを何とかしようと、政府は変形労働制を取り入れようとしている。忙しい時期は8時間を超えて働き、暇な時期はそれ以下の時間働くだけでいい、年間通じて一日平均8時間労働にするというもの。しかし、教育の仕事に忙しい時期はあっても暇な時期はないだろう。結局ますます教員を忙しくする制度だ。   教員の側からは労働…

続きを読むread more

又Henry

 イギリスの友人の友人の息子が帰っていった。今朝大雨の中を近鉄の戸田駅まで自動車で送った。今頃は東京の安いホテルに入っていることだろう。東京はどこへ行くのかと聞いたら、きまっていないがスカイツリーには是非と言っていた。浅草がいいとか、アメ横がいいとか妻と二人であちこち候補をあげたが忘れてしまっているだろう。  昨日のこと、朝8時過ぎに…

続きを読むread more

Henry

 イギリスの友人の友達の子ども、という青年が来て今夜と明日泊まっていく。23歳の銀行マンで、就職1年たった。聞いて驚いた! 来日の目的はもちろん観光だが、銀行が年に25日に休みをくれるからそれを利用してのこと。13日から京都、広島、山口、福岡に2、3泊して名古屋に来た。我が家に2泊して東京で3泊する。うらやましいことだ。彼は言う「日本す…

続きを読むread more

原発事故

 日本民間教育研究団体連絡会の機関誌「民教連ニュース」9月号の「フクシマの子どもたちと学校現場の今」という報告を読んで驚いた。「今年7月に開催された『県民健康調査検討委員会』で、さらに『がん確定4人』『がん疑い2人』が診断されました」。「(事故当時18歳以下を対象にした調査では)『がん確定』『がん疑い』合わせて217人とい驚くべき数字に…

続きを読むread more

日本特別ニーズ教育学会

 18日~20日にタイトルの学会が長崎大学で開かれた。ラウンドテーブルで「平和と社会」の授業について15分間報告をした。学会では実践報告は少なく、研究成果の報告が主な内容のようだ。この学会でも若手の研究者を中心とした人たちの日頃の研究成果の発表が多かった。若い人の登竜門の場という印象だった。私の報告は場違いのようだった。  知的・発達…

続きを読むread more

何を今さら

 東京オリンピックのマラソンと競歩のコースのこと。IOCが東京から札幌へ変えるという。酷暑の中での長距離レースは実に残酷だ。コース変更は当然のこと。しかし「東京」と銘打っている以上、そう易々と変えられてたまるかという意見もある。選手のコンディションさらには大げさに言えば命に関わること。日本でやるのだから東京でも札幌でもいいのではないか。…

続きを読むread more

高速道路建設

 我が家の東300メートルほどのところを環状2号線が走っている。そこに高架の自動車道路を建設する工事が数年前から始まっている。大工事でなかなか進まない。やっと橋桁が完成し、それをつないで道を造る工事が少しずつ進んできている。2年後ぐらいには貫通し、新東名高速道路や名阪自動車道、名古屋市高速道路などとつながる。高速道路を使って遠くまで行く…

続きを読むread more

災害は忘れなくてもやってくる

 台風19号の被害がだんだんわかってきた。思ったよりひどい。福島県では午後8時現在26人がなくなっている。他に行方不明者も何人かいる。8年前の東日本大災害で大きな被害を被った地域でまた今回やられたところもあるはずだ。せっかく復興し、家も建て直したのに今回は台風でやあられたという人もいるのではないか。  川の決壊による被害が多いのも今回…

続きを読むread more

ウォーキング

 年金者組合のウォーキングで養老の滝へ行った。小学校の遠足で行ったことはあるが大人になってからは一度も行っていない。わくわくして行った。JR桑名駅で養老老線に乗り換える。ここで、時間を浪費してひと列車乗り遅れた。ICカードをかざせば簡単に改札を通れると思ったがダメだった。いったんJRの改札を出て養老線の切符を買わなければならない。近鉄で…

続きを読むread more

いじめ

 いじめっ子は、日頃の不満やうっぷんをはらすために自分より弱いと思った相手をいじめる。不満やうっぷんは親や学校の先生からの無理難題が原因になることが多い。いじめられた子が反抗しないで嫌々ながらいじめを受け入れたら、いじめはエスカレートする。いじめられた子は自分に何の否はなくても力の強いものが要求すればそれを嫌々でも受け入れる。暴力をふる…

続きを読むread more

水と火の国 アイスランド旅行最終

 この気味悪い集団は何だ? 私たちの一行8人です。世界最大規模の露天温泉ブルーラグーンでの写真です。寒いアイスランドで裸で戸外へは出られませんが、ここでは温泉がふんだんに沸いているのでこのように戸外でも裸でいられます。おまけに、美容にいいとかで温泉からのものでしょうか顔に塗るといいという薬品(?)をもらい顔に塗りました。色の付いたも…

続きを読むread more

苦労しています

 一昨日アイスランド旅行の写真を挿入しようとしたが失敗し、本文を消そうとしたがうまくいかずそのまま写真なしで送ってしまった。私には面倒なことはわからない。これも公開できるかどうか心配だ。 何かと気ぜわしい。18日から長崎大学での「日本特別ニーズ教育学会」という何か難しそうな名前の学会へ行く。見晴台学園大学の実践を報告することになっている…

続きを読むread more

水と火の国 アイスランドの旅4

 今回観光した地域は都市から離れた地域で、開発されないままの広大な土地が広がっているところが多かった。火山で吹き飛ばされた岩や石ころでブルドーザーも役に立たないようなところが多かった。火山の力は大きく、海岸の砂も茶色ではなく黒いところもあった。あるところでは、一面岩だらけだが、その岩に苔が生えてとてもきれいなところもあった。岩が少なく、…

続きを読むread more

水と火の国 アイスランドの旅3

 直接アイスランドとは関係ないが空港での搭乗業務のAI化の進展には驚いた。大阪空港の出国ではパスポートチェックは機械に顔写真が写っているペイジをかざしカメラのレンズを見る。パスポートと実際と顔が一致するとバーが開いて入ることができる。昨年末に成田から乗ったときはこんなことはなかった。関西空港だけのことか、つい最近のことか。 ドーハで乗り…

続きを読むread more

ノーベル平和賞

 ノーベル賞の受賞者がそろそろ発表される時期になった。グレタ・トゥンベリさんが平和賞の候補にとささやいている人がいると聞いた。彼女の昨今の動きからすれば、当然だろうが、私は反対だ。彼女のやっていることが問題ではない。時期尚早だと思う。今後の活動を見てからでも遅くはない。平和賞の受賞者で、その後首をかしげたくなるような行動をしている、ある…

続きを読むread more

水と火の国 アイスランドの旅2

 昨日は4時過ぎに目が覚めた。今朝は6時20分に目が覚めた。時差ぼけがまだ残っているようだ。関西空港からドバイまで10時間5分、ドバイからコペンハーゲンまで6時間55分、コペンハーゲンからレイキャビックまで3時間15分、合計20時間15分かかってアイスランドの首都へ着いた。帰りは気流の関係で18時間45分で大阪に着陸した。 レイキャビッ…

続きを読むread more

水と火の国 アイスランドの旅

 9月24日から10月2日まで西遊旅行社の「アイスランド大周遊」に参加した。タイトルの「水と火の国」は私が感じたアイスランドの印象で、公式にこの国を言い表している表現ではない。同行者は私ども夫婦を含め男性5人女性3人、それに添乗員1人の計9人。アイスランドは緯度の割にはメキシコ暖流のおかげで暖かいと聞いていた。私は、ランニングの上に日本…

続きを読むread more