監視カメラ

 町内のあちこちに「防犯カメラ設置推進地域」という看板をつけた家が何軒か出現した。ここ一週間のことだ。自治会長宅の門前には「防犯カメラ作動中」という30センチ×150センチほどの立て看板が取り付けられた。少し前から、電柱の工事が行われていた。防犯カメラを設置するための工事だったのか。
 中川区は市内で空き巣の被害でワーストワンと報道された。汚名返上のための手段だろうか。空き巣のプロは防犯カメラなんか何とも感じないのではないだろうか。 
 防犯カメラの本当の目的は市民の生活を監視するためではないか。何を監視するのかまでは知らないがそんな気がする。不気味だ。
 我が家にはいろいろの人が大勢出入りする。目的は何であれその人たちが撮され一定期間カメラに残される。気味が悪い。当然私と妻の行動も記録される。朝早く出かけた。夜は何時頃かえった。車で出かけた。服装はどうか、などなど。
 もちろん我々も我が家へ来る人も撮されて困ることは何もないが誰かに四六時中見張られているということは気持ちが悪い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック