水不足

 近くの用水の水位が上がっている。老人クラブの役員会議である人が昨日ぐらいから稲田に水を入れている、と言っていたのを思い出した。農家の係が稲田の様子を見て用水から稲田に水を導入する。それが昨日から行われているようだ。晴天続きで田んぼが干上がって稲も元気がないので水を入れたのだろう。彼が言うには「早場米はもう穂が出ているがこのあたりはまだ出ていないから助かる」。
 農家は作物を作るにあたって種々の条件を考えなければならない。肥料をやることや草取りは自分で出来る。しかし、稲田の水の管理は一人では出来ない。収穫までに多くの人手がかかる。このことは多くの人は知らない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック