胃検診

 年に一回の胃検診を受けた。内視鏡で胃、食道、十二指腸などを診てもらった。内視鏡は鼻から入れる。口からよりうんと楽。テレビの画面を見ながら医者と話ができるのがいい。逆流性食道炎と診断された。薬をもらった。1か月分だ。よくきくと医者は言った。ゲップが出やすい。大きなゲップだ。ゲオッと自然に声が(音が)でる。不思議なことに家にいるときだけで人前ではでない。人前だと緊張しているせいか。このことを医者に言ったら正にそれが逆流性食道炎だと言う。胃カメラでその部分を撮った写真を見せてくれた。そして、ここがああだとかこうだとか説明されるが素人には分からない。正常の人の食道がどうなっているか分からない。素直に従うしかない。他は異常なし。医者に検査してもらうたびに新しい病気が見つかり薬が増える。年のせいなのだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック